ご支援いただきありがとうございました。皆様のご支援によりプロジェクトが成立しました。途中から昨日の17時頃まで正直、このプロジェクトは成立しないのではないかと考えていました。

 

 

しかし、皆様のご支援は私の想像以上でした。皆様からいただいた支援金を、8月9日のイベントに向けて有効に使わせていただことが私たちの次の使命です。

 

 

ぜひイベント当日もお越しいただけると幸いです。

 

※イベントに参加いただける方はこちらのページで「参加」をポチッと押していただけると幸いです。https://www.facebook.com/events/331786393636785/?ref_dashboard_filter=hosting

 

 

この度はありがとうございました。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

8月9日(土) 南三陸中高生・語り部招待 サッカーチャリティーマッチ&語り部の会

 

 

<第1部 サッカーチャリティーマッチ>

 

 

南三陸町歌津中学校サッカー部の子どもたちを迎えて、その場でチームを作りながらさまざまなカテゴリー(年齢別、男女など)の試合を行います。久しぶりにサッカーをする方や観戦だけの参加も大歓迎です。

 

◆ 対 象 / 誰でも(チームでの参加も大歓迎です)
◆ 場 所 / 筑波大学附属高校グラウンド(東京都文京区大塚1-9-1)
◆ スケジュール / 12:30 集合 13:00 ~ 16:30〈小雨決行〉
※集まったメンバーを見ながら試合を組んでいきます。
◆ 参加費 / 無料

 


<第2部 語り部の会>

東日本大震災の大きな被害と絶望を乗り越え、自立・復興のために前を向いて歩いている宮城県・南三陸町のお母さん達による語り部の会です。東京に暮らす私達に伝えたいことをお話しいただきます。

 

◆ 対 象 / 誰でも
◆ 場 所 / 豊島区立西巣鴨中学校体育館(東京都豊島区南大塚3-18-1)
◆ スケジュール / 18:00 受付開始 18:30 ~ 20:00
◆ 参加費 / 無料

 

主催:西巣鴨中学校地域サポートクラブ
後援:豊島区、豊島区教育委員会、東京サンシャインライオンズクラブ、筑波大学附属高校蹴球部、NPO 法人サロン2002 、豊島区スポーツ推進委員協議会、第12 地区青少年育成委員会

 

--------------------------------------------------------------------------------------

◆ 西巣鴨中学校地域サポートクラブとは ◆

東日本大震災直後より、継続的に東京の子どもたちと東北の子どもたちの交流事業を行う、西巣鴨中学校学区域の青少年育成団体や地域住民、サッカー部関係者などで構成された団体。

<これまでの活動>
2011 年 夏 宮城ボランティアツアー
2012 年 春 南三陸町立歌津中学校サッカー部東京遠征
    夏 南三陸町ボランティアツアー
2013 年 夏 南三陸町体験・歌津中サッカー交流ツアー

その他、仮設住宅や漁港でのお手伝い、仮設住宅手作り品や海産物の東京での販売活動、各種復興・防災イベントでの活動発表等

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

<語り部の方紹介>

 

〇 阿部 民子(あべ・たみこ)さん 〇

宮城県南三陸町にて海産物加工品販売業「たみこの海パック」を経営。震災で自宅や作業所、親族を失うという恐怖と絶望の中、主婦だった民子さんは一大決心をし、新しく海産物加工品の販売事業を立ち上げました。今ではインターネット等を通じて、全
国に南三陸の美味しい品々を届けています。

 

〇 松岡 由香利(まつおか・ゆかり)さん 〇

南三陸町戸倉地区水戸辺仮設住宅の自治会長の奥様。小学校でまゆ細工の授業を行っている時に震災が発生しました。実家は波にのまれ、両親は亡くなりました。あの日まゆ細工をしていなかったら、両親を救うことができたのか…一度は遠ざかったまゆ細工を現在は仮設のお母さん達と一緒に再開し、全国で販売しています。

 


〇 田畑祐梨(たばた・ゆうり)さん 〇

震災のとき、卒業式間近の中学校3年生だった田畑さん。「震災の前日、先生にお会いしたんです。それまでいろいろ面倒を見てくれたのに、きちんと「ありがとう」と言ったことがなかった。そして、もう二度とその気持ちを伝える機会はありません。そんな思いをみんなにはしてほしくないんです」。語り部団体「まずもって」を設立し、若者の立場から想いを伝えている。

新着情報一覧へ