こんにちは、水嶋です。

私たちSfm親子ゴミ拾いプロジェクトが、
毎月の渋谷ゴミ拾いでお世話になっているのが、
GOMIファンタジスタさん。

娘と二人でゴミ拾いを始めた時の私の夢、
「もっとたくさんのママと子どもたちと、一緒にGOMI拾いしたい!」
という願いをかなえてくれた方々でもあります。

今回の募金プロジェクトでも、
さっそく皆さん応援してくださっていて、本当に有難い…

せっかくですので、皆さんのことをご紹介していきたいと思います!

第1回は、「GOMI拾い界のプリンス」と異名を取る、
作家の荒川祐二さん!facebookはこちら
祐二さんはこんな人です★★

**************************

 





大学時代に「自分を変えたい!」という思いで、毎朝6時から日本一汚い場所新宿駅東口の掃除をたった1人で始める。『背中に一緒に掃除してくれる人募集!』と書かれた看板を背負って始まった活動は、周りの人の心を動かし、ホームレスから始まり、1人、また1人と仲間が増え続けた。半年後の2007年5月3日(護美の日)には、全国で一斉にゴミ拾いを開催。

全国27か所、総勢444人の人を集める。その活動は現在も継続され、2009年5月3日には全国200か所、全世界26カ国、総勢15,534人、2010年5月3日には、全世界30カ国以上、総勢10万3,036人、2013年5月3日には環境省と官民一体で行うプロジェクト 『GOMIファンタジスタプロジェクト』として全世界300箇所以上、15万3,894人という全世界ムーブメントに広がっていった。(荒川さんのHPより)

*************

改めて、す、すごい人なんですよー
こちらが活動動画です!

全国の高校などで年間50本以上の講演活動もされている祐二さん。
いつもゴミ拾いの時も、子どもらのことを気遣ってくれたり、
最後にジュース買ってきてくれたことも!

そんな祐二さんからメッセージを頂きました!

『ゴミ拾いを1度でもした子は、将来ゴミを捨てない大人に育つ』。

それは本当の事であり、大切な事だと思います。
未来のために、今の子どもたちに大切な事を教えてくれる、
この活動を応援致します!



ありがとうございます!!
本当にそうなんだ!と思います!

残りまだまだ道のりは遠いけど、
頑張りますので宜しくご支援お願いします!



 

新着情報一覧へ