いつもしっぽの会をご支援くださり誠にありがとうございます。
おかげさまで、猫舎建設プロジェクト、当初の目標額700万円に達することが出来ました!!本当にありがとうございます!


保護猫たちを快適な環境で飼養し、幸せになれるご家庭へと送り出しつつ
不幸な犬猫を産み出させない社会の仕組みを作っていくことも大切です。

現在、しっぽの会のある北海道では札幌市の動物愛護行政が大きな転換期を迎えており、全国的にも先駆的な動物愛護条例が、3月10日可決する見通しとなっています。

犬や猫を守っていくためには、法律や条例を変えていくという事も非常に重要です。


この件について、国会議員で作る超党派の「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」から、札幌市にエールが送られた記事が先日の地元の新聞に掲載されました。

 


そして「札幌市動物愛護及び管理に関する条例」の審議日程は以下となっています。
http://www.city.sapporo.jp/gikai/html/kaiginittei.html

この日は、33名の市議会議員の皆さまが、保健部局の審議をされますが、
「札幌市動物愛護及び管理に関する条例」の審議は午後13時くらいからの予定だそうです。

第二部予算特別委員会
日 時: 3月10日(木曜日)10時00分
会 場:第二特別委員会会議室(札幌市役所18階)
議案の審査:[保健福祉局(高齢保健福祉部、保険医療部、保健所、衛生研究所)関係]
住 所:札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所

 

札幌市の動物愛護の条例が無事に可決されますよう、お時間の都合がつく方はぜひ一緒に傍聴されませんか。

全国からしっぽの会と一緒に、頑張る行政札幌市を応援していただければ幸いです。

 

《札幌市内の湯管で暖をとる野良猫》

新着情報一覧へ