12月15日から3月14日までの約3ヵ月間、多くの方々に支えていただき、無事にプロジェクトが成立いたしました。この3ヵ月間は、近隣行政機関である札幌市への動物愛護センター新設の陳情審議や、動物の愛護と福祉の新条例の審議などと重なり、プロジェクトの広報や進捗、活動のご報告などに十分な時間が割けなかったにもかかわらず、このような大きな資金調達を達成できたのも、皆さまのご協力あってこそと、代表稲垣以下スタッフ、しっぽたち一同、心より感謝申し上げます。


偶然ですが、猫舎プロジェクトの成功をお祝いするかのように、プロジェクトに協力してくれた猫たちが、しっぽの会を卒業していきましたので、ご報告させていただきます。
 


当会代表と写っている猫のルーシーと小夏は、子猫の頃のひどい猫風邪の影響で、片目の視力を失いました。

ですが、この度2頭一緒にお迎えいただけることになりました! 

 


仲良し兄妹でしたので、願ってもないご縁でした。

 

 

そしてミルクを飲んでいたこの子!!

 


 

ちょっと固いですが(笑)こんなに大きくなって卒業していきました~♪

 


 

当会は、優しい飼い主の皆さま、多くのご支援者さまに支えていただいています。本当にありがとうございます。

これからも真摯に活動してまいります。

 


新猫舎の建設、リターンの送付等については、準備が整い次第、順次進めてまいります。今後ともしっぽの会を末永く応援いただければ幸いです。この度のご支援、本当にありがとうございました!

 

 

 

新着情報一覧へ