READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

国立大学 本気の挑戦!古豪・筑波大学箱根駅伝復活プロジェクト

弘山勉(TSA 准教授 男子駅伝監督)

弘山勉(TSA 准教授 男子駅伝監督)

国立大学 本気の挑戦!古豪・筑波大学箱根駅伝復活プロジェクト
寄附総額
2,580,000

目標 2,000,000円

寄附者
165人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2016年07月27日 21:31

心の変化~箱根路に馳せる想い~ 都大路区間賞男・河野誉

中長距離ブロック長距離パート3年の河野誉です。
 

まず始めに、多くの方々から筑波大学箱根駅伝復活プロジェクトへの応援、支援をしていただいていることに厚く御礼申し上げます。この期待と責任の重さを肌で感じています。結果を出して、皆様のご支援と応援に応えることができるようにチーム一丸となって切磋琢磨していきます。

そんな気持ちが高まる中、現在、合宿している福島県の那須甲子高原にサプライズがありました。昨日の練習に、数十年前の箱根駅伝で、5区と3区を走られた大先輩が陣中見舞いに来てくださいました。貴重な昔話をお聞きし、「昔も今も“変わらぬ箱根駅伝”がそこにはあるんだ」と感じました。


当時もかなりの苦労をされていたことがわかりました。それを乗り越えて、筑波大学スピリッツで箱根駅伝に挑戦した実話を披露していただきました。今はテレビで観るだけの箱根駅伝ですが、大先輩の話をお聞きし、あの舞台に立ってみたいと一層強く思います。
 

さて、私は、宮崎県立小林高校出身であり、チームの中でも数少ない駅伝強豪校出身です。私個人としては、1年目(5区)と3年目(2区)に全国高校駅伝大会に出場しました。両大会において区間一桁の順位で走ることができ、3年目には、チーム総合6位という結果を残すことができました。

そんな私がなぜ、箱根駅伝の常連校ではない筑波大学への進学を決めたのかというと「長距離への苦手意識」からです。筑波大学へ進学を考えていた頃には「箱根駅伝を走りたい」という気持ちは、正直ほとんどありませんでした。インターハイには1500mで出場し、上記の通り高校時代も駅伝では主に3kmという短い距離の区間しか走っておらず、高校の恩師(陸上部の監督)は、「河野は、箱根駅伝のような長距離路線は無理だろう」ということで筑波大学を推薦してくれたのだと思っています。
 

右が河野(小林高校3年次に全国高校駅伝2区で区間賞)
 

「箱根駅伝を目指したい」という転機は3年目の全国高校駅伝の時です。個人としても2区で区間賞(8分08秒:当時の区間歴代2位)、チームとしては優勝を目標として掲げていた中で総合6位という結果でした。2年目には怪我で直前に出走出来なかった時の悔しさもあり、この結果に対しては素直に嬉しい気持ちでした。その時から「大学でも駅伝で活躍してみたい」という欲が出てきて、大学に入学した頃には箱根駅伝を目標として取り組もうと決めていました。
 

しかし、入学してからは、食事もほとんど自炊、高額な治療費・合宿費と高校の頃に当たり前のようにあった環境がなくなり、「如何に自分がいた環境が恵まれていたのか」について考えさせられました。自分でやりたいと決めたことなので、両親への負担を減らすためにバイトも始め、そのような環境でも結果を出す覚悟で今まで取り組んできました。少しずつ記録は伸びてはいますが、自分の理想とは、程遠い僅かな成長しかありませんでした(記録上は)。
 

 

ですが、昨年度に弘山さんがコーチに就任した後、OBOG会を始めとする様々な方々から支援をいただいたおかげで個人的な負担も減り、昨年は夏合宿後から5000m~ハーフマラソンまで全種目において自己ベスト、予選会20kmにおいても、1年目から約2分タイムを縮めることができました。これも、弘山駅伝監督の熱い指導と多くの方々の支援・サポートがあってのことだと思います。
 


私の強みは、駅伝における「チームの絆や想いの強さ」というものを知っていることだと思います。小林高校時代の経験は、とても厳しいことばかりでしたが、「今の自分」があるのは、その厳しさがあってのことだと思います。これを、今のチームへと還元することが自分の役目だと思っています。もちろん、皆と連携しながら、私なりに工夫し、チームの皆のためになる還元となるように考えていきます。

「予選会突破」はこれまでのどの目標よりも厳しく、大変なものだと思いますが「古豪復活」という目標は小林高校の時と変わりません。良い練習をしても、多くの支援をしていただいても、選手側の気持ちが弱いと決して目標は達成されないと思うので、これからみんなで「予選会突破」に向かって強い気持ちを持って取り組んでいきます。
 

これからも応援よろしくお願いします。

筑波大学陸上競技部中長距離ブロック
長距離パート3年 河野 誉

一覧に戻る

ギフト

5,000

共に箱根を目指す伴走者になる

■ 活動報告(E-Mailでの送付)

寄附者
64人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

4ee69a21ea6d95e2d8eb4e180a2bd04a80212724

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信
■ 活動報告(E-Mailでの送付)

寄附者
77人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

Bc41bcda03a1628501dea05ad4ae346809cd7bf2

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 予選会終了後に選手と一緒にプロジェクト記念撮影
■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信
■ 活動報告(E-Mailでの送付)

寄附者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000

1fe3f3ff47ff5bb49d44849d396f4b367fdaa01a

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 筑波大学のノボリ(予選会で使用)に記名
■ 活動報告(E-Mailでの送付)
■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信

寄附者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000

869ce904169f821a8bf302d53e31d2f74a736840

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 歓迎!練習見学に来ていただき、選手に激励をしてください
■ 筑波大学のノボリ(予選会で使用)に記名
■ 活動報告(E-Mailでの送付)
■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000

2d1f6ae2a11f75553ab80fd15de381d1e37aee29

タスキをつなげ!「箱根駅伝2017」を一緒に走る

100,000円のギフトに加えて
■ スタッフウェアおよびWEBサイトにサポーターとしてお名前を記載します
■ 箱根駅伝2017に出場が決まった場合、「決起集会」に出席いただき激励していただく

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする