一つの建物を小分けにするといっても元々が小さいので、

うまくいくかどうかは心配でした。

 

ただアイデアは沢山の人に話すのがよくて、

現地まで人を連れて色々お話しても結構感触が良い。

 

そして実際に設計が始まりました。

 

この時の打ち合わせメモ

 

自分も元は建築学生でしたのでプランニングやゾーニングくらいならできます。

 

こうしてこの段階で昨年の年末を迎えました。

 

年が明けたらやってきたのは、クラウドファンディングもさせて頂いた

谷中にベイクショップを出したい岩本さんのお仕事。

 

 

岩本さんのお仕事も長いことお待たせをしていました。

初めにご来社されてから物件が出てくるまでに1年かかったと思います。

 

何のお仕事でもそうなのですが「どうしてやりたいか」

「今までどうだったか」「これからどうしたいのか」

そんなことを深く色々聞きこみます。

 

そうして出てきた答えが「自分の技術を続く人に残したい」という気持ちでした。

 

ただベイクショップはベーカリーオーブンがとても特殊で

場所と費用が掛かるのと、「ベイクショップ」という形態を理解をするのに

とても時間がかかりました。

 

そして谷中地域も店舗物件はとても少ないので物件を見つけるまでにも

時間がかかりました。

 

年明けに「そろそろ」と思っていた頃に出てきたのが今のお店です。

フェイスブックページもありますので是非ご覧ください。

https://www.facebook.com/Succession.YANAKA/

 

 

新着情報一覧へ