前回のリノベーション風景からの続きです。

 

1階、2階と共に水平垂直が取れて大きな柱も立ち、

床の水平も取れました。

 

あとはどんどん設計に合わせて造作が進みます。

 

 

今回やってよかったなあと思うのは「木造」というものを

きちんと蘇らせられることができること。

 

その為の技術が間近で見れることでした。

木造技術のある大工さんも段々減っていく中で、

昔みた風景はまた見れることは大変嬉しかったです。

 

 

そして「きちんとリノベーションできる」こと。

 

中途半端なものではなくきちんとした設計に基づいて、

ゼロから工事ができることは珍しいです。

 

 

今回はこのようなリノベーション事例ができることも大きな意味があると思います。

 

そしてこんな工事をして頂ける大工さんにも敬意を評して、

リターンに今回の工事をまとめたアルバムをもご用意しております。

 

木造家屋のリノベーションに興味のある方は、

是非お手元に置いて頂ければと思います。

新着情報一覧へ