こんばんは。ついに50%に到達しました、目標金額の100万円に向けて早くも折り返しとなります。

 

皆様の日々の温かい応援コメントを受けて、より一層、身が引き締まります。引き続きよろしくお願いいたします。

 

本日は参加学生の小野里さんのコメントを紹介させていただきます。

 

 

参加学生の紹介#3 小野里談さん

 

はじめまして。山岳科学学位プログラム一期生の小野里談(オノサト カタル)と申します。

 

いきなりですが、私は山が大好きです。趣味は何かと聞かれたら、唯一胸を張って答えられるのが「山登り」です。

 

そんな私が本プログラムに進学したのは、大好きな山を後世に伝えていきたいと思ったからです。

 

ただ山が好きなだけでは人に魅力を伝えたり、保全のためのアクションを実行したりすることはできません。

 

そこで、本プログラムで真剣に山を学ぼうと考えたのです。

 

専門は森林遺伝学ですが、一方で地形学や観光学といった異分野の授業も履修しています。本プログラムの強みのひとつは、このように学際的に学べる点です。

 

今後ももっともっと多くを学び、吸収し、考えていきたいです。そうすることで、山を後世に伝えていく私なりのアプローチが見つかると信じています。

 
  

 

小野里談さん

 

 

次回の新着情報では、山岳科学のカリキュラムについてご紹介させていただきます。

新着情報一覧へ