筑波大学麻見先生とのミーティング報告

8月1日、先日完成したサンプルをもって、麻見先生と詰めの打ち合わせをしてきましたので、取り急ぎそちらの報告を。。。


打ち合わせには、筑波大学大学院所属の和菓子好きなアスリート(某競技でインターハイ優勝経験もある方!!)にも同席頂き、アスリート目線でのアドバイスも頂戴し、更なる改善点も見つかりました。

 

具体的には、これまで試作品でタンパク質比で糖質・脂質量を少しでも減らそうと工夫してきましたが、糖質や脂質をカットすると、どうしてもボソボソ、ぱさぱさな食感になってしまいます。
その中でも、できる限り美味しく食べられるように仕上げたつもりでしたが、やはり強度の高い運動やトレーニングの後だと、この食感では食べづらい…とのこと。運動後の補食や、強度の高い運動をする人の間食という前提であれば、味や食感を犠牲にしてまで糖質カットしなくても良いのでは…というのが、麻見先生/アスリートの方の共通の意見でした。

そのアドバイスにしたがい、第二段の試作品では生地に配合する砂糖の量や粉の種類を微調整し、更にサックリ、またはシットリした食感にしつつ、サンドする大豆餡の量も増量し、より食べやすい味、食感にします。
(リターンの試作品配布は終了しておりますが、ご希望の方には第二段のサンプルも差し上げます。完成はお盆明け頃を予定しております。)


今後の進行についてですが、第二段サンプル完成後、筑波大学所属のより幅広い競技のアスリートの方々にもお召し上がり頂き、味や食味に問題がなければ、まずは、弊社ネットショップ、及び筑波大学内の購買(現在調整中)でテスト販売を開始。アスリートへのサンプル提供及び体組成の変化のデータ取りも同時期に実施致します。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています