先週末、SDレビュー2014の入選展に伴うシンポジウムに参加しました。
 

とは言っても私はジンバブエにて活動中ですので、共同設計を行った日本にいるパートナーに登壇して頂きました。

 



- プロジェクトのプロセスや建築計画について話しました
 

 


審査員の著名な建築家の方々から厳しい質疑とともに指摘も頂き、このプロジェクトを改めて見返す良い機会になりました。
 

このコンペティションは、「国際協力」畑のものではなく、「建築」畑ですので、建築関係者の前での発表は意味のあるものだと考えています。
 

少しでも日本の建築業界に自分たちの建築家としての立ち位置を提示できればと思っています。
 

さて、京都での展覧会は今週末の10/12(月・祝日)が最終日になりますので、ご都合が付きましたら是非ご覧下さい!


詳細はコチラ

 

 

 

このプロジェクトの展示の一部をどうぞ。


 


 

 

 



私たち以外の展示もおもしろいものばかりだと思いますので、是非足を運んでみて下さい!!



 

新着情報一覧へ