アダンサミット石垣島実行委員会の会議 ところどころにアダン

 

こんにちは。実行委員会の木下です。内地(本土)では日に日に寒さが増している今日この頃ですが、石垣島はまだ半袖でだいじょうぶなようです!

 

2018琉球弧アダンサミットin 石垣島、現地石垣島に連日準備が進んでいます。今日は、プログラムについてご紹介します。

 

2018琉球弧アダンサミットin 石垣島 -アダンを植えよう!-
 12月8日(土)、9日(日)
 沖縄県立石垣青少年の家

 

12月8日(土)
12:00 受付 沖縄県立石垣青少年の家
13:00 開会のあいさつ 大田静男
13:10 にしのもり保育園園児によるアダンのはなし
13:30 にしのもり保育園園児によるアダンの記念植栽
14:00-16:40 『アダンにまつわる自然と文化』
    三輪大介(NPO法人いけま福祉支援センター)「海垣と海方切」
    盛口満(沖縄大学副学長)「島々の植物利用―岩崎卓爾とアダン」
    大田静男(郷土史家)「八重山におけるアダン文化史」
    花城良廣(沖縄美ら島財団理事長)「資源植物としてのアダン」
17:00 与那原マサヱ(アグリ・カフェ店主)アダン料理実演
19:00 交流会(アダンにちなんだ唄や踊りなどをまじえて)

 

12月9日(日)
8:30 受付 沖縄県立石垣青少年の家
9:00-12:00『アダン・クラフトのデモンストレーションとワークショップ』
    糸数弓子(沖縄本島・工房ORI to AMI)「アダン帽子づくり」
    大濱永太郎(石垣島・農業)「アダンござづくり」
    與那覇有羽(与那国島・よなぐに民具)「民具づくり」
    クージの会(竹富島)「アダン玩具作り」
12:00 閉会のあいさつ 竹川大介
14:00 白保アオサンゴ・トラストにてアダンの植栽

 

アダンの葉でつくる石垣島のちいさな玩具 いろいろ作成中

 

これまでもクラウドファンディングにたくさんのご支援いただき、運営スタッフ一同とても感謝しております。

 

いただいたご支援については、今回サミット運営費として、ワークショップ講師の交通費、会場費、広告費(チラシ・ポスター印刷)、報告書作成・印刷費、実行委員の準備活動費(通信費・ワークショップ準備・資料準備等)、リターンの作成(バヌアツのアダンバスケット)に使わせていただく予定です。

 

石垣島の浜にて アダンの赤ちゃん

 

石垣島に来島される方、サミットにてお会いできるのを楽しみにしております。

残念ながら今回は参加できないという方、中身が濃いといっていただけるサミットの報告をお届けできるよう準備していきたいと思います!

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 

石垣島の海辺、堂々と生い茂るアダンの群落

 

2018琉球弧アダンサミットin石垣島

主催:2018年琉球弧アダンサミットin石垣島実行委員会 http://www.apa-apa.net/adan/
共同代表:大田静男(石垣)前泊博美(宮古)盛口満(沖縄)竹川大介(九州)
共催:九州フィールドワーク研究会(野研)生物文化プロジェクト実行委員会
後援:日本ナショナル・トラスト協会 北九州市立大学 沖縄大学 WWFしらほサンゴ村 八重山毎日新聞社 八重山日報社 南山舎 NPO法人いけま福祉支援センター NPO法人夏花

 

新着情報一覧へ