READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

家族の介護もあって、傾いてしまったケーキ屋を再建したい。

小崎敏夫

小崎敏夫

家族の介護もあって、傾いてしまったケーキ屋を再建したい。
支援総額
165,000

目標 900,000円

支援者
19人
残り
終了しました
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

傾いてしまったケーキ屋を再建したい

 はじめまして、北九州市で Patisserieシェあなぐま というケーキショップを営んでいます小崎敏夫と申します。30年以上お菓子の仕事をしています。北九州市に帰ってきて、お店をはじめて13年が過ぎました。

 地域のお客様に、楽しんでいただくために、本当にいい材料でつくったお菓子をできるだけ安く楽しく提供できるお店を展開してきました。
 しかし、5年前に、家族の病気、そして介護という事態に陥り、お得意様を失うことを余儀なくされました。その後、お店は残ったものの、業績は戻らず、ピンチに陥りました。 

 現状では、クリスマス前に閉店というケーキ屋にあるまじき事態に向かって進んでいます。

 

再建へのチャレンジ

 当店を慕ってくれるお客さんのために、アレルギーで困ってる子供さんのためにも、最後のチャレンジを試みることにしたいと思っています。

 そのためには、設備の修理、材料の仕入れなどの資金が必要です。

 製菓用の機械や器具は、オーブンや型など、特殊なものが多く、費用が割高になってしまうところが頭の痛い所です。

 皆様にご支援をお願いし、そのご支援によって、シュトレンや焼き菓子をたくさんつくって、クリスマスを乗り切る資金にしたいと考えています。

 

シュトレンのこと

 シュトレンは、クリスマスの前に食べられているドイツの伝統的なお菓子です。

 たっぷりのバターとスパイス、ドライフルーツやナッツを使った発酵菓子です。

 今回、制作するシュトレンは、かつて一緒に仕事をした、欧州のシェフたちから学んだ、シュトレンで、焦がしたバターの風味を取り込んだ生地が特徴です。

 急遽制作にかかることになりますので、漬け込みフルーツが若いのは仕方ありませんが、それはそれで、元気のいいシュトレンに焼き上がるものと思います。

 クリスマス前のアドベントの時期に薄く切って少しずつお召し上がりいただきますと、小さな幸福感が得られるものと思います。

 

クリスマス以降の展望

 お店の再建が成ったなら、北九州にお菓子の文化をつくるために、もっともっと頑張りたいと考えています。

 大量生産品に負けない、手作りのお菓子の文化。 小さなケーキ屋が目指すには大袈裟ですが、取り組んでいくことができたらと考えています。

 

Ready for でご支援をいただいた方へのリターンは、やはりシュトレンで 

 今回のプロジェクトに支援していただいた方に用意しましたリターンは次の通りです。

 5000円のご支援をいただいた方には、シュトレンを。また、10000円のご支援をいただいた方には、大きなシュトレン。

 3000円のご支援をいただいた方には、焼き菓子のセットを、お送りさせていただきます。どちらも、コーヒーや、紅茶はもちろん、日本茶との相性も良く、日持ちもしますので、とても楽しめると、思います。

 

================

 2018/12/10までにシュトレン150個、焼き菓子セット50セットを制作して、プロジェクトを終了とする。

*着手予定日 2018/10/25
================

 

もっとみる
プロフィール
小崎敏夫
小崎敏夫
大阪、東京、福岡などで洋菓子の仕事を長くしてきました。13年前に地元の北九州に戻って、お店を開きました。地域に根付いたお店作りと、楽しくておいしいお菓子作りをめざしています。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

焼き菓子セット

人気の焼き菓子をランダムに詰めたものです。

支援者
11人
在庫数
130
発送予定
2018年12月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

シュトレン

クリスマス前のアドベントに時期に食べられているドイツのお菓子です。薄く切ってお召し上がりください。

支援者
4人
在庫数
145
発送予定
2018年12月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

おおきなシュトレン

サイズが大きいと迫力もありますよ。

支援者
7人
在庫数
42
発送予定
2018年12月
プロフィール
小崎敏夫
小崎敏夫
大阪、東京、福岡などで洋菓子の仕事を長くしてきました。13年前に地元の北九州に戻って、お店を開きました。地域に根付いたお店作りと、楽しくておいしいお菓子作りをめざしています。

あなたにおすすめのプロジェクト

軽量折り畳み電動アシスト車椅子用減速機の作成

那波 悦次那波 悦次

#テクノロジ

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
44日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする