【残り9日 現在38%達成】

アフガニスタンの小さな病院です。一日に450人の患者が訪れ、そのほとんどは子どもです。乳幼児死亡率は常に世界最悪の水準。栄養状態の悪い子どもは抵抗力が無く、すぐに死んでしまう。十分な栄養が得られないために低体重の乳幼児が多い。支援物資を市場で売却して、少しでもお金を稼ごうとしてしまいがちなこの国で、子どもに必要な栄養がどれくらいで、そのためにどの程度の食事やミルクを与えたらよいか。そんなことすら、病院で教えてあげなくてはならない。ほとんどの母親は学校に通っていなかった。この国の全ての事情が、子どもたちを死に追いやろうとしています。アフガニスタン人がすべて運営するこの病院は、国外の支援母体が無いために、継続が困難になってきています。公立学校の先生の給与は、日本円で月々5000円程度。わずかな支援でも、アフガニスタンでは多くの人々の力になり、命を救うことができます。みなさまのご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ