READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

【緊急支援のお願い】アフガニスタンの地域病院を存続させたい!

【緊急支援のお願い】アフガニスタンの地域病院を存続させたい!

支援総額

732,000

目標金額 1,000,000円

支援者
45人
募集終了日
2014年3月23日
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

アフガニスタンの地域病院を存続させるため、

皆様のご協力をお願いいたします

 

はじめまして。認定特定非営利活動法人みんなの夢の音楽隊 です。私たちは埼玉県を中心に歌や音楽を通じて地域の人々を繋げる活動のほか、アフガニスタンでの子どもの芸術・教育活動をするMMCC(Mobile Mini Circus for Children)を支援しています。今回はその縁で10年以上親交のある、アフガニスタン人が運営する現地の地域病院 SAHAメディカルセンターを存続させるための緊急支援をお願いします。

 

11年間アフガニスタンの医療・保健を支えてきた地域病院SAHAメディカルセンターは、現在、医師たちが自費で運営を続けています。しかし医療スタッフの給料を支払うには足らず、病院存続の危機が続いています。

 

(内科・小児科に患者が多いのはアフガニスタンも同じ)

 

 

アフガニスタンの地域病院 SAHA について

 

アフガニスタンの首都カブール郊外にある小さな病院「SAHAメディカルセンター」は、2004年に国外の運営組織によって設立され、設備の整った病院としてカブール近郊から1日平均450人の患者が訪れています。また診療だけでなく、栄養不足による低体重の子どもへの食育プログラムや戦災による身体の不自由な人へのリハビリプログラムなど、地元の人々の生活をサポートする活動も行っています。すべての運営をアフガニスタン人が行っているため、現地で本当に必要な活動を少ない費用で行うことができています。

 

(病院の前はいつも診察待ちの行列が並ぶ)

(レントゲン科が備わっていることもSAHAの大きな特徴の一つ) 

 

 

運営団体のアフガニスタン撤退。残された患者たちのために。

 

ところが2013年に元々の運営組織が治安の悪化に伴い撤退を決め、建物と機材と現地人スタッフ、そして数多くの患者たちが残されました。医薬品などは国連機関の援助を受けることができましたが、活動を継続するための運営資金が足りません。現地政府や海外の政府系支援を受けるための準備もしていますが、すべての経費をまかなうことは難しく時間もかかります。それでも毎日やってくるたくさんの患者さんのために、現在は院長のDr.ロキアをはじめ、何人かの医師たちが自費で運営を続けています。しかし医療スタッフの給料を支払うには足らず、このままでは無給が続いてスタッフを解雇せざるを得なくなるという、病院存続の危機が続いています。

 

(日本では当たり前の薬剤科が整った病院も、アフガニスタンでは珍しい)

(院長のDr.ロキア イスラム教圏のアフガニスタンにおいて、

女性院長は貴重かつ重要な存在)

 

 

SAHAとみんなの夢の音楽隊の繋がり

 

認定NPO法人みんなの夢の音楽隊の代表 今川夏如は、現地NGOのMMCC日本人スタッフを兼任して度々アフガニスタンに滞在しており、SAHAの医師たちとは2004年の病院設立時から親交があります。SAHAとMMCCはごく近所にあり、地方の村へ医師を派遣するプロジェクトなどを共同で行ってきました。またMMCCで活動する子どもたちがケガをしたときも、病院には何度もお世話になっています。

 

(将来を夢見て学ぶカブールの子どもたちの健康も、SAHAが支えている)

 

 

SAHAの活動は診療に限らず、アフガニスタンの人々が「安心して暮らせる」環境つくり、そして子どもたちが健康に生きられる未来のためのものです。
 

今回の緊急支援募集は、このSAHAを存続させるための運営資金です。当面の運営資金として2~3ヶ月分の100万円を目標にしています。(全体の緊急支援目標額の1/3といたしました。今後、運営安定の目処がつくまで、複数回の送金を検討しています。)日本では最早ほとんど報道されませんが、アフガニスタンの治安は悪化の一途をたどり、一般市民の衛生環境もさほど整っておらず、日本の中学生相当年齢での女性の結婚・出産も、ごく当たり前の風習で行われています。

 

 SAHAの活動は、地域に根ざした病院・衛生啓発を国中で実践する団体としてすっかり根ざしており、カブール近郊の人々にとって、そしてアフガニスタンにとって無くてはならないものとなっています。アフガニスタンの人々が「いつでも受け入れてくれる病院」を失わないよう、医師やスタッフが安心して医療に従事できるよう、そしてこれからのアフガニスタンの衛生・医療環境が向上し、子どもたちが健康に生きられるよう、皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

(SAHAを支える医療スタッフたち)

 

 

 

【引換券について】

 

①お礼状

現地アフガニスタンの様子を伝える写真のポストカードのお礼状をお送りします。

 

②フォトポストカードセット

アフガニスタンの子ども達の写真のポストカードを、8枚組にしてお送りします。撮影:今川夏如

(お送りするセットは、6種のうちから1種をこちらで選びます)

※写真はポストカードセットの一例です。

 

③A2版アフガニスタンカレンダー 2014年版壁掛け型

アフガニスタンの様子を伝える写真を月ごとに使った大判カレンダーをお送りします。撮影:今川夏如

サイズ 横400mm × 縦 270mm(見開き540mm)

 

④アフガニスタン伝統音楽の自主制作CD

2006年2月にアフガニスタン、カブールでライブ録音。

アフガニスタンの子どもたちが、民謡や遊び歌、来日経験のある子ども達が覚えて広まった日本の曲を歌いました。また現地伝統音楽の演奏家による貴重な音源も収録したCDです。

 

⑤アフガニスタン特産ラピスラズリのアクセサリー

アフガニスタンの工房からフェアトレードで仕入れた上質のラピスラズリのブレスレットまたはネックレスを進呈します。

 

 

 

プロフィール

現在2娘のシングルパパ。大学在学中に立ち上げたグループでNPO法人設立。アフガニスタンやフィリピンの友人たちと現地NGOの活動も続けている。

リターン

3,000

alt

1.お礼状
2.フォトポストカードセット(8枚組)

支援者
26人
在庫数
制限なし

10,000

alt

1.お礼状
2.フォトポストカードセット(8枚組)
3.A2版アフガニスタンカレンダー
4.アフガニスタン伝統音楽の自主制作CD

支援者
18人
在庫数
制限なし

60,000

alt

1.お礼状
2.フォトポストカードセット(8枚組)
3.A2版アフガニスタンカレンダー
4.アフガニスタン伝統音楽の自主制作CD
5.アフガニスタン特産ラピスラズリのアクセサリー
  (フェアトレード商品)

支援者
2人
在庫数
制限なし

200,000

alt

1.お礼状
2.フォトポストカードセット(8枚組)
3.A2版アフガニスタンカレンダー
4.アフガニスタン伝統音楽の自主制作CD
5.アフガニスタン特産ラピスラズリのアクセサリー
  (フェアトレード商品)
6.現地視察へのご招待(実費自己負担)

支援者
1人
在庫数
4

プロフィール

現在2娘のシングルパパ。大学在学中に立ち上げたグループでNPO法人設立。アフガニスタンやフィリピンの友人たちと現地NGOの活動も続けている。

あなたにおすすめのプロジェクト

マンガを描いて廃線危機のナローゲージ「三岐鉄道」を応援したい

高木繁美(高木教育センター塾長)高木繁美(高木教育センター塾長)

#子ども・教育

5%
現在
10,000円
支援者
2人
残り
34日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

今川夏如(認定NPO法人みんなの夢の音楽隊)
プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする