クラウドファンディング挑戦、残り3日となりました!

現投稿時点で、ご支援者様120名、いいね!950件、総金額1,052,000円(169%)となっております。

 

約45日間に及ぶ、ヨーグルトプロジェクトのクラウドファンディングの挑戦も残り3日となりました。

 

お陰様で、目標金額はネクストゴールも含めて、達成させて頂いております!

 

ご支援いただきましたお金が手元に入ってくるのが2月中旬となります。

 

そこから必要な機材などを発注し、数回のテスト生産なども行うので、実際に販売開始ができるであろう予定が4月頃になります。

 

現地パートナーのジコとは、4月に万全の体制でスタートできるように日々ミーティングを繰り返しております。

 

必要な機材や原料などは、ほぼほぼご支援を募集する段階で決まっておりましたが、パッケージ容器や、そのデザイン、ロゴなどはこれから細かく詰めていきます。

 

味の品質はもちろんですが、ヨーグルトはパッケージで9割方購買意欲を決めるといっても過言ではありません。

 

子供も欲しくなる、大人も買いたくなる、誰が見ても美味しそうなヨーグルトをイメージできるようなパッケージデザインにする必要があります。

 

基本的な決定権は現地パートナーのジコに任せているのですが、彼はなんとか

「日本とベナンのコラボレーションであることをわかるようなデザインにしたい」

と考えております。なかなかいい案が上がらないので、二人してあーでもない、こーでもないと日々語り合っていますが、しっかり2月までに固めようと思います。

 

先日は別件の仕事ではありますが、ブルキナファソという、ベナンの北西側にある国に行ってまいりました。

 

走行距離2500キロを陸路で行くという、かなり無茶なビジネストリップでしたが、今後のアフリカや地球の未来を担うようなプロジェクトを進めてまいりました。

 

しっかり、ブルキナファソでもヨーグルトの市場をチェックしてきました!

 

ベナン共和国との違いは、大きめのサイズが多いことですね。一人や一回で食べる量というよりは、数回や何人もで分けて食べるような大きさが多かったです。

 

ベナン共和国にも、このサイズはあるのですが、最近では一人で食べられるようなサイズが好まれていますので、私たちもメインは一人用のヨーグルトサイズで提供していこうと考えております。

 

ご支援に対しての挑戦は、残り3日で幕を閉じますが、実際のプロジェクトはこれからが本番です。終了してからも、このReadyforのページや、NPO法人AYINAのHPからもヨーグルトプロジェクトの進捗を発信していきたいと思っておりますので、今後とも応援のほどどうぞよろしくお願いします!

 

NPO法人AYINA公式HP

http://ayina.org/

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています