現投稿時点で、ご支援者様103名、いいね!938件、総金額969,000円(156%)となり、無事ネクストゴールも達成させて頂きました!!

 

本当に、本当に、ありがとうございます!!

 

すでに、最低限必要な金額は調達させて頂いておりますので、新たなゴールは授けないことを決めましたが、残り日数30日間では、このプロジェクトに対する想いや関連することを伝え続けていきたいと思っております。

 

以下は、タイトル「Ready for史上初の試み?シェリーココさんとのコラボ」に基づいた内容になりますので、宜しければご覧ください。

 

今回は、恐らくReady for史上初の試みではないかと思われる、シェリーココさんとのコラボについてお話ししたいと思います。

 

何が史上初の試みなのかと申し上げますと、コチラになります!

 

 

今回のプロジェクトの説明の一番下に載せさせて頂きましたが、今回はシェリーココさんが、数量限定で30,000円と50,000円のリターン商品を提供して頂いております。

 

シェリーココは、現地の人たちとアフリカ布で作られた浴衣を始めとする商品を制作・販売されています。代表の川口莉穂さんは、ベナンで青年海外協力隊中に一度Ready forクラウドファンディングに挑戦・成功し、その後シェリーココを株式会社化し、再び新商品開発のため、2度目のクラウドファンディングに挑戦・成功をされている方です。

 

 

つまり川口さんは、私や団体の理念でもある「アフリカ人によるアフリカ発展(Africa by African)」を同じ国のベナンで、同じようにクラウドファンディングで資金調達をした大先輩にあたるのです。

 

しかも川口さんとは、2年前に当団体が初めてアフリカホームステイプログラムを実施した際に、活動訪問もさせて頂いていたのです。

 

2015年8月に川口さんの活動訪問させて頂いた時

 

今回私がプロジェクトでリターン品を決めている時に、「ヨーグルトは衛生上リターン品として難しい。何か「アフリカ人によるアフリカ発展(Africa by African)」に関連した商品はないだろうか?」と考えていた時に、シェリーココさんと川口さんの存在を思い出しました。

 

「ベナンで既にクラウドファンディングで現地の人たちと頑張っている人の商品を、新たに現地の人たちとのプロジェクトのリターン品として使わせてください!」

 

と、忙しいことも知っていたので、無理も承知で連絡を差し上げたところ、二つ返事で承諾して頂きました!

 

今回は、30,000円ご支援の方へ限定10名でブックカバー、50,000円ご支援の方へ限定5名でトートバッグをオリジナル商品としてご提供頂いております!

 

そのお礼も兼ねまして、先日シェリーココさんのアトリエへお邪魔してまいりました!

 

2015年に訪れた時には、写真のようにまだ外観も中もこれから作り上げるという状態でした。

 

2015年訪問時。当時は「ここをこれからシェリーココのアトリエにします」と語っていた川口さん

 

そして、2年と数ヶ月が経った今ですが、、、

 

外観はこのように可愛くペイントされておりました!そして内観も、、、

 

このように塗装もされ、ミシンも置かれ、明るい雰囲気になっておりました!

 

仕事中も真剣に、でも笑顔で作業が出来るような素敵な職場でした!

 

商品一個かんせーーーい!!と笑顔でカメラに写っていただける川口さんですが、常に楽しいことばかりがある訳ではありません。

 

シェリーココを立ち上げてから、アフリカならではのトラブルもあったり、人間関係でも大変な経験をしたことを、語ってくれました。

 

それでも、川口さんは決して落ち込み続ける訳でも、人のせいにする訳でもなく、現地の人たちと一緒に試行錯誤しながら、前に進み続ける姿は、これから私が挑戦するヨーグルトプロジェクトへの大きな大きな刺激となりました。

 

ありがたいことに、多くのご支援者様が応援プロジェクト(リターン品なし)をご選択いただいております。ですが、もしこれからご支援をご検討いただける方は、遠慮なさらずに、シェリーココ限定商品のリターン品をお選びいただければと思います。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!!

新着情報一覧へ