お母さんに瓜二つの元気な赤ちゃんでした。ラゴス州ムシン行政区のお母さんたちが、パームアベニュー
保健センターで、夜でも安心して出産できますように!

 

 みなさま、今回のレースも残り4日となりました。お陰様で、第1目標であった80万円は達成し、太陽光発電による明かりをパームアベニュー保健センターに届けることができることとなりました。ただし、最初の見積もりから3か月近く経過しており、為替の変動も手伝って当初の見積もりよりもコスト高となることが分かりました。現在、第2目標の100万円に向けてラストスパート中ですが、この第2目標の一部は、予算超過分に充てることとなります。また、第2目標の達成額次第で、先日お知らせしたように、以下のようなアイテムの追加購入を予定しています。

 

1)分娩用ベッド(老朽化しています)

2)出産前後の待機・休憩用ベッドのマットレス(カバーの破れと老朽化)いくつかのマットレスは既にぺしゃんこ状態で、マットレスの役目を果たしていません。

3)オートクレーブ(器具消毒用加圧殺菌器)(現在故障中です)

 

 みなさまのご支援を心からお待ちしています。

 

 角井マーガレット

 

新着情報一覧へ