【ソーラーライト設置完了!】

 みなさま、ソーラーライト敷設工事が無事完了しました!

 施設工事は、外来者の出入りの少なくなる金曜日10日午後から土曜日11日に行われました。ところが、アフリカではよくあることですが、月曜日13日早朝に機能しているかどうかのチェックに行ったところ、案の定、明かりが夜2時間ぐらいしか灯らなかったという報告を受け、ショック。直ぐに設置業者に連絡。バッテリーを事前充電しないままに設置を行ってしまったということが判明。バッテリーを業者が持ち帰って充電後、木曜日16日に再設置。電気の点灯を確認し、一旦安心。ところが次の月曜日20日には、「金曜夜からずっと点灯していません!」と保健センターからの報告を受け、業者に一喝、修繕指示。パネルの接続部分の不具合、チャージコントローラーとバッテリー間の連絡ケーブルの不完全接続、チャージコントローラーの設定ミスなど、いろいろな不完全が発覚。21日にようやく不具合の修正が終わり、本日までシステムの正常作動を確認。2日間で終了するはずの施設工事が結局2週間になりました。とほほ。。。ちなみに、バッテリーも220AH/12Vのドライセルが見つからず、ウエットセルに変更になりました。

 この間、気をもみながら見守り、時にはがっかりしていたパームアベニュー保健センターの職員の顔にもようやく笑顔がもどりました。「もう真っ暗でなくなる!ありがとう!」

 アフリカでは、いろいろなことがすんなりは進まないことを改めて実感しました。業者への支払いを3回に分けていて正解でした。しばらくは、様子を見ていきますが、もう大丈夫。ご安心ください

角井マーガレット

太陽光パネル設置中

 

屋根に設置された8枚のパネル

 

配電盤、バッテリー、チャージコントローラー設置中
電灯が灯り明るくなった分娩室

 

太陽光発電による電気が灯った出産後経過観察室

 

夜も外灯が灯るパームアベニュー保健センター
安心して笑顔が戻った保健センタースタッフとともに、「ありがとう!」

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています