プロジェクト概要

あなご料理一筋30年間。宮良さんの「新店舗」と「あなご料理の通販サイト」を多くの方に知ってほしい。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。菅野 恭と申します。横浜で建物調査会社を経営しています。私は以前からあなご料理に興味があり、手ごろな価格で食べられる店を探していたところ去年、TVで紹介されていた宮良洋成さんが経営する「あな太朗」に伺い、知り合いになりました。

 

何回かお店に伺っているうちに、今の店を後進に譲りこれまでの集大成となる店を新たにオープンしたいと相談をうけました。残りの飲食業人生を全うすべく、もっとたくさんの人に気軽にあなご料理を楽しめる店を作りたいという宮良さんの想いに、心打たれました。

 

宮良さんが作るあなご料理は絶品です!宮良さんが作る、あなご料理を気軽に楽しめる2号店とそのあなご料理をお店に来て食べられない方のための「あなご料理の通販サイト」を多くの方に知って頂くため、今回クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げました。皆様のお力をいただき、広告宣伝費を集めたいと思います。一緒に宮良さんのお店を広めていただけませんか。どうぞ、ご協力お願いいたします。

 

絶品「炙り穴子」。

 

より多くの方にあなご料理に興味をもってもらい、あなご料理の美味しさを知って頂きたい!

 

飲食業30年の経験がある腕のいい宮良さんの始めるお店がとてもうまくいくことは見えているのですが、1つ課題があります。それは宮良さんがスマホをお持ちでない生粋の料理人だという事です。

 

新たな土地での開業はとてつもないチャレンジであり、新規顧客獲得にはSNSやインターネットなどの利用は必須です。その手助けとしても、応援したいと思いました。

 

30年前に九州で寿司職人だった宮良さんは、たまに漁で獲れるあなごを生のにごり寿司で出していたそうです。それがあまりに好評だったため、一番美味しい刺身として提供できるように臭みを残さないようなさばき方を試行錯誤され、「あなご料理専門店」として始められました。

 

私も初めてあな太朗で「あなごの刺身」を食べた時の感動は忘れられません。取引先の方や友人に「あなごの刺身」の話をすると皆さん是非行って、食べてみたいといってお連れして食べて頂くと、私と同じように感動されます。

 

これはもっと多くの方に味わって頂きたいという思いが強くなっていき、なにか出来ることをしたいと思うようになりました。

 

店長の宮良さんと。

 

お店は2017年6月30日(金)、通販サイトは2017年7月28日(金)のオープンを予定しています!

 

「あな太郎」の一番のおすすめは、あなご料理専門店をはじめるきっかけとなった「あなごの刺身」です。お客様の感想では、「都内の穴子料理店の中では総合力でダントツで美味しいのではないか」や「穴子の質が断然違う」という声を耳にします。


まずその質を、穴子の刺身で確認できます。ぷりぷりの食感で、かつ、味わい深い。正直、かなり旨い。そう、かなり旨い。嘘ではなく私は、味の深さの次元が違うと感じています。

 

その「あな太郎」の集大成となる新店舗と通販サイトオープンに必要な資金を、今回のクラウドファンディングで募集させて頂きたいと思っております。

 

★実店舗

【店舗名】初代 あな太朗

【オープン予定日】2017年6月30日(金)

【住所】東京都北区田端3-3-11

【客席】20席

【営業時間】17:30~23:00

 

★通販店舗

【店舗名】初代 あな太朗 通販ショップ

【オープン予定日】2017年7月28日(金)

【予定URL】http://www.anataro.jp

 

プロジェクト全体の必要金額について 広告宣伝費:780,000円
支援金を差し引いた残りの金額は、自己資金で補填します。
広告宣伝費 780,000円の内訳について:
ショップカード デザイン料:4万円
ショップカード(500枚)制作費:2万円
店主名刺 制作(500枚):2万円
ホームページ制作:30万円
店舗 サイン関係製作:10万円
撮影料:15万円
企画料:15万円

 

★美味しいあなご料理をつまみにお酒を飲むと、お隣にいる見ず知らずのお客様とも会話が弾み仲良く交流ができます。また、大将の宮良さんの気さくな人柄に触れ、お腹も心も癒されますよ~!

 

自慢の「焼き穴子」。

 

穴子料理一覧です。

 

「残された料理人としての人生を、この場所で締めくくりたい」

 

飲食業は簡単に始められますが、簡単に辞めてしまう人も多いと思います。そんな業界の中で30年続けてこられ、そしてスタートアップではなく、自分のキャリアのクロージングをきちんとされる方は、あまりいないではないでしょうか。

 

私も普段の建物調査という仕事柄から色々なお店を見てきましたが、自分の残りの人生と向き合い、冷静にそして勇気を持って行動されようと言う方はあまりお見かけ致しません。

 

そんな料理の道30年、70代の料理人である宮良さんの新しいお店の宣伝として、ホームページ立ち上げや、販促ツールの作成、宣伝を一緒に行っていきたいと思っています。私は、料理に真っ直ぐな宮良さんの力になりたいのです。

 

彼は残された料理人としての人生を、「この場所で締めくくりたい」とおっしゃいました。彼が作る新店舗は地域の方にとってかけがえのないお店になるはずです。

 

最後に宮良さんからのお願いの言葉もお伝えさせていただきます。

どうかみなさま、応援をよろしくお願い致します。

 

みなさんこんにちは。

 

「あな太朗」で大将を努めております、宮良です。

去年の11月に浅草の店を後進に譲りましたが、まだまだあなごへの情熱が冷め切らず、もっと多くの方々にあなご料理の美味しさを知って頂き、気軽にあなご料理を楽しんで頂きたいと一念発起し、今までの集大成の店を「田端」にオープンすることに致しました。

 

刺身や白身のまま食べられるあなごは臭みがなく、甘みと弾力のある歯ごたえが特徴的です。他にもあなご料理店ならではの料理があります。 皆様にも是非、あなごの刺身を味わって頂きたいです。

 

あなご料理一筋30年続けてきた想いを、美味しいあなご料理にのせて、自分が得意な料理を出して、ただ美味しく、味わって頂きたいと思っています。ここでしか味わえないあなご料理の専門店。それを次のお店や地域でご提供させて頂くとともに遠方でお店に来られない方のための「あなご料理の通販サイト」を開設し、あなご料理の美味しさを味わって頂きたいです。

 

どうぞ応援の程、宜しくお願い致します。

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


最新の新着情報