今月も残すところ、3日となり、プロジェクトもあと3週間を切りました。
目標金額を超えたにも関わらず、多くの方にご支援頂き、大変感謝しております。
ありがとうございます。
 
これからは、彼らが働く場所である工房を今よりもっと広い場所へと移すための費用として捻出させて頂きたいと思います。引き続き応援頂ければと思います。
 
今日は、現地職人の嬉しい変化と成長についてお話しさせて頂きたいと思います。
 
エチオピアを仕事をする際は、価値観の違いや習慣によって様々な問題が生じます。
そのたびに私も自分自身に色々なことを問いかけ、状況を克服するように心掛けています。
 
例えば、問題が発生した時は、どうしてこのような問題が生じたか、今後このようなことが起きたときはどうするべきかパートナーとも話し合い、またスタッフにも状況を説明するようにしています。それでも、なかなか理解してもらえないこともたくさんあるのですが、あるとき今までは違った反応があり、私自身を驚かせました。
 
工房でも一番腕いいとフックが、「分かった。がんばるよ!心配するな!」と、言ってくれたのです。そして、自主的に残業をしてくれました。自主的に残業をする…なんて普通のエチオピアの会社ではまずないことです。
 
そして、彼を見た職人が、また一人また一人と・・・結局、全員が残って残業をしくれたのです。
 
 
課題はたくさんありますが、彼のように、一人ひとりが変化し成長しているけるな環境を提供したいと思っています。そして、仕事へのやりがいや責任を感じ、仕事をする職人を一人でも増やせればと思っています。
 
残り3週間の間、現地職人について、色々お伝え出来たらと思っています。
引き続き、応援よろしくお願い致します。
 
 
新着情報一覧へ