南極テラヘルツ望遠鏡の目的は、宇宙のはるか遠方で銀河がいつ、どのように誕生し進化してきたかを調べることです。それを調べて何がわかるか、ということですが、宇宙にある銀河にはいろいろな種類の銀河があり、ある種の銀河は生命誕生の母体である星惑星が現在も盛んに生まれているのに対し、別の種類の銀河は100億年以上前からこのような星惑星の誕生がほとんど停止し、現在も生まれていないのです。なぜこのような違いが起きたのでしょうか?その理由を明らかにすることは、生命の誕生をさぐることにもつながるのです。それを調べるためには宇宙のはるか遠方でそのような銀河がどのように誕生し、進化して現在のような銀河が形成されたかを観測する必要があるのです。中井(2017.4.23

新着情報一覧へ