READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

重度重複障害や自閉症の子ども達に感覚で伝わる演劇を届けたい

重度重複障害や自閉症の子ども達に感覚で伝わる演劇を届けたい

支援総額

404,000

目標金額 300,000円

支援者
64人
募集終了日
2017年2月9日
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

終了報告を読む


8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2017年01月24日 15:31

ゴールまであと48000円!!

あっというまに残り挑戦日数が約2週間となりました。

今まで41人の皆様のご寄付と、情報をSNSなどでシェアしてくれた皆さんのおかげで84%を達成することができました。

本当にありがとうございます。引き続きよろしくお願い致します。

 

先日、文化庁芸術家派遣事業という事業で仙台市内の幼稚園にダンスワークショップを届けてきました。
アーティストはオイリーカートのワークショップに参加された、西海石みかささん(ダンサー、振付家、演出家)渋谷裕子さん(ダンサー) 佐々木大喜さん(ダンサー)です。

ダンスワークショップと題していますが、子ども達がなじみやすい登場人物のストーリーがあり演劇性の強いものとなりました。

今回、手作りの「ソーシャルストーリー」(※詳しくは前回の投稿を参照)を事前にお届けしていました。すると、幼稚園に入った瞬間から子ども達が「あっ!チャックさんだ!」「あなたはボタンさん?」と声をかけてくれました。

絵本の中にいたキャラクターが実際に目の前に現れて「嬉しい!」という感情が伝わってきました。と、同時にこれは「知っていて、安心」という状況も示してくれていました。

不安や恐怖がなく、新しい人、物に出会うことが子どもを対象としたワークショップでは本当に大切です。その状況に立って、はじめてワークを開始できるスタートラインに立ったといえます。

ソーシャルストーリーだけでなく、物語がはじまる前に教室に小道具をたくさん出しておいて、自由に子どもが遊べる時間も設けました。これも安心な状況を生み出す事前準備の一つです。

たくさんのお手玉や、大きな布、リボンを使って、子ども達はあっという間に様々な遊びや見立てを生み出して、遊んでいました。
「その道具、そうやって使えるのか!」という発見ばかり!

子ども、すごいです。

 

今回新しくプログラムを作ってみて、やはり衣装や道具を一定のクオリティを保つためには、ある程度の費用が必要でした。

一度しっかりしたものを作っておけば、その先長く使うことができます。今回は文化庁からの委託費用だけでは賄えず、7割が団体資金からの持ち出しとなっています。クラウドファンディングを成功させ、来年度はさらにたくさんの子ども達にプログラムを届けたいと思います。皆様の応援をよろしくお願いします。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

サポーターとしてサイトにお名前を掲載!

・サンクスレター
・写真付きの活動報告
・ホームページにサポーターとしてお名前を掲載

支援者
36人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

創作したパフォーマンス作品のプレビュー公演にペアでご招待!遠方の方には映像をお届け!

3千円のリターンに加えて、
・創作したパフォーマンス作品のプレビュー公演にペアでご招待 (または、様子を収めた映像を遠方の方向けに考えています)
※日程、場所は後日ご案内
・特製ブローチorすんぷちょオリジナルグッズ(いずれか1つ)

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

成功記念パーティーにご招待!

1万円のリターンに加えて、
・クラウドファンディング成功記念パーティーにご招待
※日程、場所は後日ご案内

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

[企業向け] 協賛企業としてホームページにお名前を掲載

3万円のリターンに加えて、
・協賛企業としてホームページにお名前を掲載

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

プロジェクトの相談をする