ご好評により本プロジェクトのマッチングギフトの支援額は満了致しました。
みなさまの引き続きのご支援をお願い致します。

みなさま、おつかれさまです!


選挙ではいろいろ不安が残りましたが、
わたしは自分で未来を変えて行こうと思った次第です。

世の中は選挙一色の1日でしたが、子ども達は1秒1秒を
本気で生きています。
今日もとっても楽しくこどもたちと過ごし、たくさんのことを学ばせてもらいました。


ちょっと長めなのですが、保育士として感じている社会課題、
こどもの人権についてインタビューを受け、記事にしていただきました。


【前編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “女性の権利は語るのに「こどもにとって」は議論しない日本社会”
http://yorikanekeiichi.com/ogasawara-mai-says-dangers-to-the-children-on-the-waiting-list-zero-1-3405.html

【後編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “一人では変えられない社会も、それぞれが自分事として取り組めばいつかシフトチェンジする”
http://yorikanekeiichi.com/ogasawara-mai-says-dangers-to-the-children-on-the-waiting-list-zero-2-3899.html


この問題についてはいろんなご意見があると思うので、
どんな反応がくるのか怖いと感じることもあり、ためらいましたが、
誰も声をあげていないなら、誰かが現場のこどもたちのことを
伝えないと解決されないでしょと思い、
勇気を持ってインタビューに望みました。


どうか時間ある際に読んでいただき、ぜひシェアをしていただけたら嬉しいです。

「こども視点・こどもの人権」ということが社会で議論されるように、
そしてその視点に大人たちが気づくように、社会が気づくように。

まずは、そこからはじめて、多くの人を巻き込み、
社会をイノベーションしていきたいです。

そのためには私一人ではできません。
皆様、力を貸してください。

記事を読み、自分の意見を載せて、シェアしていただけたらうれしいです。


決して誰かを攻めるということではなく、
今まで生きてきた人、そして今を生きている大人=私たちの過去の選択が
今をつくっているだけ。

だからこそ、人の選択の大きさを感じています。

私はこどもたちのために、自分の人生を生きると決めたので、
あとはそれを実行し続け、チャレンジし続けるだけです。

大人としてそんな姿をこども達に見せたいから。

よろしくお願いします!

新着情報一覧へ