帰宅したらカーテンレールが落ちていた

麗未ちゃんか兄ちゃん猫しかない

「誰なの?」

目をそらすのは・・・。

 

猫に穏やかな時間を貰う

そして、愚痴を聞いてもらい

相談したりする。。。

で、何も答えない猫に

「なんで?なにも言ってくれないの」と聞く。

猫は黙って聞いてくれるけど

面倒になるとフィと去る。

そんな気ままなとこ

猫は猫だから。

家族であり友であり我が子

 

今日のにゃんこ。

名まえ;ベイビーちゃん

 

生後1日できた子。57gの命。

初乳は飲んでない。

生後5日くらいの頃の写真だと思う。

毛が生えてきたのがわかる。

57gの命は哺乳器を吸う力も

ミルクを飲みこむ力もなく

カテーテルで胃に直接ミルクを入れていた。

 

生後7日を迎える朝に動かなかった。

朝5時には動いていたのに・・・。

生命力なのか

運命なのか

 

何がダメだったのか

力不足だった、わたしたち。

 

<回顧録>

 

 

新着情報一覧へ