プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

**********************************
皆様
モンゴル野球普及プロジェクトへのご支援ありがとうございます!
おかげさまで、目標金額の50万円を達成しました!
本当にあたたかいご支援を賜り、さらに身が引き締まる思いです。


残りの支援期間は、より多くの子どもたちへの野球用具の支給及び環境整備、さらには現地指導者の養成ため、ネクスト・ゴールを設定いたします!!

目標額は、プラス15万円の65万円とします。

もしこのプラス15万円を皆さまのお力を借りて集めることができれば、支給用具の追加及び現地指導者の養成の費用とさせていただきます
もし、支援しようと思って下さる方がいれば、ご検討をお願いいたします。

プロジェクト終了まで、引き続き、よろしくお願いします!
 

竹部貴博

**********************************

 

 

野球を通じて世界中を笑顔に!!モンゴルで野球を普及させたい!!

 

はじめまして!竹部貴博と申します。2012年に野球の普及・発展、身体を動かす楽しさを伝えるために「T-Project」を立ち上げ、広島市を中心に野球のコーチングやストレッチ講座を開講し活動してきました。

 

2015年にモンゴル人の友人との出会いをきっかけに、モンゴルでは野球がほとんど普及していないことを知りました。そこで、モンゴルで野球の楽しさを伝え、笑顔の輪を広げたいと思い、2016年にモンゴルで野球教室を開催しました。

 

すると参加した子どもたちは初めての野球に大喜びをしてくれ、また来年も来てほしいと言ってくれました。この子どもたちを笑顔にするため今年も野球教室を開催したいと思います。しかし継続して開催するとなると自己資金だけでは厳しく、今回皆さまにお力を貸していただきたいと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

今年は8月末にモンゴルのテレルジにある学校で野球教室を開催します。またバットやグローブなどの用具も寄付したいと考えています。モンゴルの子どもたちに野球の楽しさを伝えるため、どうか応援をよろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
初めてのバッティング!!「できた!」という成功体験が「楽しい!」に繋がります。


 

野球を知らないモンゴルの人々。知っているのは一部の富裕層の方だけでした。

 

2015年モンゴル人の友人と出会い、お互いの母国について、スポーツ、経済、文化等、様々な話をしてきました。その中で、モンゴルでは野球ができるのは、一部の富裕層の人だけだと知りました。そのため、野球ができるグランド、道具が揃っておらず、やりたくてもできる環境がありません。

 

また、私の友人は、野球がどのようなスポーツで、何が楽しいのか理解できないと言っていました。私は、楽しさが理解できないのは、そもそも野球を知らないからで、野球を知ってもらうことで、楽しさを伝えたいと考えました。

 

そこで昨年、単身モンゴルへ渡って野球教室を開催し、小学生から大学生約80人に指導させていただきました。初めてボールが相手にとどいた時、捕球できた時、バットに当たって打てた時の子どもたちの無邪気な笑顔が今でも忘れられません。

 

子どもたちからは、「野球は楽しい」「また教えて欲しい」「もっとうまくなりたい」という声が聞かれ、継続的に活動していこうと決心しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
モンゴルに行くきっかけをくれたボロー・セルゲレン。彼の名前は日本語で元気。「ゲンキ」と呼んでいます。

 

 

野球道具を寄付し野球教室を開催することで、野球の魅力を伝えたい!

 

今回のプロジェクトでは、皆様からご支援をいただいて今年の8月27日から8月31日までの間、モンゴルのテレルジにある学校で野球教室を開催します。

 

また野球道具を購入し寄付いたします。30人程度のプレーが可能になるようバット5本、グローブ20個、ボール50球、ベース等を寄付する予定です。

 

現時点では、私一人で指導する予定ですが、知り合いを中心に一緒に指導してもらえる方を募っています。対象は、小学生中心に行います。

 

昨年、無邪気な笑顔で野球を楽しんでくれた子どもたちに今年も喜んでもらえるようしっかり準備をして取り組みたいと思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
子どもたちはモンゴル国旗に、私は日の丸にメッセージを書いて交換しました。


 

野球を通じて両国の架け橋を!
日本でモンゴル出身の選手がプレーする日は、そう遠くはない。

 

今回のプロジェクトを通じて、野球の基礎を伝え、試合ができるようにする予定です。その後、モンゴルの学校に野球チームを設立したいと考えています。

 

またモンゴルには、日本に興味を持っている若者が多くいます。実際、前回行った時も日本へ労働や留学を希望する子どもたちが何人かいました。そんな彼らが将来、日本を訪れる時に、容易に来日できるよう就労や奨学金制度等の調査などサポートしたいと思います。

 

野球とあわせて文化的な国際交流のきっかけづくりをしていき、両国の交流が益々発展するためのお手伝いができれば幸いです。どうか皆さま応援よろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
彼らの笑顔のためどうかご支援をよろしくお願いいたします!

 


最新の新着情報