い、いよいよ3日となりました!!!

今日は無事に「manabi asobi×Bborコラボの応援イベント」も終了。
お仕事の合間にたくさんの細やかな準備をしてくださったみなさんに感謝です!
*イベント報告は後日改めます。

さて、本日は「なでしこvoice」を主催する 「はまだまり」ちゃんとのコラボ。
「READYFOR応援」で、プロジェクトについてプチインタビューしてくれました!
みなさん、3日前にして少しこちらを読んで頂けましたら幸いです

--------
プロジェクト終了まで、残り3日間となりました。READYFOR?に参加をしてから、本当にたくさんの方々のお世話になりました。「なぜカンボジアでここまで頑張れるのか?」と聞かれることがありますが、それはただただ、「応援してくれる人がいるから」に尽きます。
大変なこともあるけれど、周りの人が応援してくれるから、乗り越えようと思えるんです。「茜ならできるよ」という言葉にどれだけ励まされたかわかりません。

 私は、アメリカに1年留学をした経験があります。その際に、家族と遠く離れたことで家族の有り難みを実感しました。自分のことを思ってくれる人がいるだけで、こんなにも強くなれるのだと。今、カンボジアでの活動を多くの人に応援して頂くことで、家族に感じていた有り難みがもっと多くの人に広がったような気持ちでいます。READYFOR?は取り組んでいる活動内容ももちろんですが、私自身を支援してくれる人がいる。そのことをしっかりと受け止めて、自分がやるべきことに取り組んでいきたいと思っています

正直、ビジネスの環境も日本に比べてまだまだ整っておらず、本当にキツイ時もあるのですが、不思議なことに辞めたいまでは思わないんです。それよりも、自分はどこまでやれるか、という気持ちのほうが強いです。今の自分にはかなりハードルが高いように感じる課題もたくさん出てきますが、そこに挑戦していくことで、日々成長していきたいと思っています。

 美容スクールは、9月にオープンするつもりです。美容スクールで私が一番力を入れて取り組みたいと思っていることは、「働くことのやりがい」をカンボジアの人に伝えることです。私自身、仕事を通して成長させてもらい、同時に仕事を通して生き生きとしていく人達をたくさん見てきました。前職のウエディングプランナーの仕事場では、チームや人を本当に大切にしていました。いくら技術を持っていても、チームとしてうまく動けないとなかなか仕事はうまくいきません。これは日本人だろうが、カンボジア人だろうが変わらないのではないでしょうか。美容スクールでは、ただ技術を学ぶだけではなく、人と人とが仕事をするために大切にするべきことを考える機会をつくりたいと思っています。

 カンボジアで美容スクールを設立することは、偶然の出会いの中で見つけました。でも、これを、必然にするきっかけを頂けたら。ぜひその取り組みへの切符を頂けないでしょうか。皆様どうぞ、宜しくお願い致します!

(取材・編集:濱田真里)

--------

新着情報一覧へ