あけましておめでとうございます。

 

 

激動の2018年を経て、

新しい年がはじまりました。

 

 

初詣でおみくじをひくと

「大々吉」が出ました!

 

 

 

 

 

天空をかける竜のような強運勢です。
何事にも決断と勇気をもって進むことです。
ただ好調に任せて無計画な行動や欲だけに
走ると思わぬ破綻を招きます。
 


「神の教え」
志を立つることは、大にして高くすべし。
小にして低ければ、小成に案じて成就しがたし。

 

 

病気のところに、

難病が初期の段階で発見され取り除かれるでしょう

 
とあり昨年の乳がんの発病を指しているような
気がしました。

(※おみくじの全文はブログをご覧ください。)

 


乳がんを罹患したことで昨年は様々な気づきを
得ることができました。
 


特にクラウドファンディングを通じて
たくさんの方にご支援をいただきました。
 


ひとりではじめた小さな活動でした。

 


6週間にも満たない短い期間に
100人近い方にご支援をいただき、
2500人を超える方にサイトをご覧いただけました。
(※Readyforのサイトを実際に訪れたユニークユーザ数)
 


おかげさまでプロジェクトが成立して、
キャミソールのお届けが完了して、
2月には「乳がんサバイーバーが最高の笑顔で
輝ける Re-BRANDING Ceremony」
を開催できます。
 


イベントを開催するだけであれば
会費制で仲間に声をかけて開催することも可能です。
 


でも、
クラウドファンディングを利用することで
<早期発見のメリット>と<定期検診の必要性>
というメッセージがひとりでも多くの方に
届きやすいのではないかと期待していました。
 


実際にクラウドファンディングのサイトを
ご覧下さった方が2500人を超え、


それに加えてFacebookやブログなど
さらにシェアしてくださった数を合計すると
数え切れないくらいたくさんの方に何かしらの
メッセージがお届けできたのではないかと思います。
 


小さな小さな活動だと思っていました。

 


せっかくの大々吉にある「神の教え:
志を立つることは、大にして高くすべし」
を実行したいと思います。


 
より多くの方にメッセージをお届けしたく、
今年はメディアに取り上げていただける
ような活動をしてまいりたいと思います。

 

 

2019年もどうぞよろしくお願いします。
  
 
 Breast Cancer Gift Project主宰
和泉江里子

 

新着情報一覧へ