もしも、今、私が、ある日突然、

重い病気にかかっていると知らされたら。

 

 

周りに迷惑をかけたくない、

可哀想だと思われたくない、

自分で病気を認めるような気がして、

もっと悪くなっていくような気がして、

口にしたくない。

 

 

そんな風に思うかもしれません。

 

 

でも、今!この瞬間、生きていること。

それだけは確かだから。

 


不安や悲しみで、真っ暗に生きていくより、

少しでも顔をあげて、人と関わり、

今この瞬間の幸せを感じ、

1分1秒を大切に生きていきたい。

 

 

そう思います。

 

 

江里子さんが、

こうしてご自身の病をオープンにし、

乳がんに対する定期検診による早期発見の

メリットを伝えていこうとされている姿に

勇気をもらった人は、

きっと、私だけじゃない。

 

 

それをこのメッセージリレーのように、

ひとりでも多くの人に繋いでいけたらと

思っています。

 

 

江里子さんの想いが、イベントを通じて、

たくさんの方の心に届きますように!

 

 

 

 

3歳からのこども料理教室
やまだ かよ

 

++++++++++++++++++++

 

かよさんのブログはこちら

 

昨秋にかよさんお手製の味噌ディップを

いただきましたがやさしいお味でした。

親子 de お味噌レッスン

 

++++++++++++++++++++

 

 

クラウドファンディング開催中にも

かよさんからメッセージをいただきました。

 

 

ご両親が60歳を迎える前にがんで

他界されたそうです。

 

 

ここ数日、

同じ時期に入院をしていた

乳がんサバイバーのお父様やお友達が

がんに罹患していることを知りました。

 

 

今の日本では、

11人にひとりが乳がんにかかり、

ふたりにひとりがなんらかのがんに

かかる時代。

 

 

必要以上に怖がる必要はないけれど、

定期検診が当たり前になりますように。

 

 

 

Breast Cancer Gift Project主宰
和泉江里子

新着情報一覧へ