ブルーベリー農園で無農薬を謳って売りにしているところは、かなり規模の大きな所でもたくさんあります。
ブルーベリーは無農薬での栽培は、かなりやりやすい果樹だと思いますが千本以上の規模になるとどうでしょうか。

無農薬と一口に言ってもいろいろです。
以前に違う作物を作っていて、残留農薬のある畑で栽培しても無農薬。
花が咲いて実を付けている間に農薬を使わないから無農薬。
苗木を育てる時に使っても、植え付けしてからは使わないから無農薬。
その辺のことの説明が、何も無いところばかりなのは残念です。

自分達の勝手な基準での、自称無農薬栽培は出来るでしょうが、完全に無農薬ですと胸を張れるところがあるのかな?
また農林水産者のガイドラインでは無農薬という表示は認められていません。

私のつくる農園は現在山林で、過去に農地だった可能性はほとんど無いし、隣接した農地もないので土壌に残留農薬は無いだろうし、害虫などでどうにもならなくなるまでは農薬を使うつもりはありません。
しかし、苗木は他所から調達しなければならないし、今ある挿し木苗木も他所から買ったもので、どういう風に育てられたのか分からないし、どう説明されてもその内容を検証することは不可能です。
また果樹栽培ではごく普通に使われ、自分はそれほど危険はないと思う石灰硫黄合剤。
石灰硫黄合剤は農林水産者の有機JAS認定でも使用が認められています。
しかしこれも農薬です。
自分は石灰硫黄合剤は使わず、木酢液でなんとかしようとしていますが、なんとこれも厳密に言えば農薬になるようです。

以上のことから、私の農園は無農薬栽培の宣言はしません。

新着情報一覧へ