僕らの夏休みProject(以下:僕夏)のページをご覧いただきありがとうございます!

 

 

本部から最新の活動のお知らせ♪

 

 

僕夏では、ただいま発売中の「僕らの大きな夢の絵本」を少しでももっと多くの人に知ってもらえるように、本部や支部の各メンバーの大学内の書店や購買に設置する活動をしています!

 

 

今現在で設置されている大学は...

 

★文教大学

★駒澤大学

★専修大学

★国士舘大学

 

以上の計4大学となっております♪

 

 

僕夏内には、まだまだたくさんの大学から参加しているメンバーがいるので

今後ますますの設置を目指し更にこの本が皆様の元へと届けられるよう精進していきます(*^_^*)

(活動のお知らせおわり♪)

 

(「僕らの大きな夢の絵本」)

 

 

 

こんばんは。 玉川大学、教育学部3年の内田梓です。

 

突然ですが、みなさんは東日本大震災が起こった3/11、どこで何をしていましたか?

帰宅難民となり、家族と連絡がとれず不安で仕方なかった方たちも多いのではないでしょうか。

 

私たちが去年訪れた赤前小学校の子ども達はそんな不安と闘った子どもたちばかりです。子どもたちは地震がおこり、家族の安否がわからないままに津波から逃げました。

 

 

どんなに不安だったことでしょう。どれだけの恐怖を感じたことでしょう。

 

 

私はある男の子の話を聞きました。それは小学校6年生の男の子の身におこった話です。

 

男の子はこの震災でおばあさんを1人亡くしています。

彼は地震の直後、足の不自由なおばあさんを心配して家に戻ろうとしました。しかし彼自身も逃げなくてはいけません。

 

小学6年生にとっては非常に辛い出来事でした。

(この話は僕らの夏休みプロジェクトが絵本としても出版しているのでぜひ目を通していただきたいです。)

 

こういった経験をしたのは彼だけではありません。

 

 

大好きな家族を失った子ども

 

大切な家を流された子ども

 

地震の恐怖から眠れなくなってしまった子ども

 

 

被災地にはさまざまな子どもがいます。

 

 

私はそういった子どもたちのために笑顔を届けたいと思い

僕夏で活動を精力的に続けています。

 

自分たちが明るく元気に大学生らしく子どもたちと関わることで

子どもたちに笑顔をおすそ分けできたらと思っています。

 

 

去年は体育館で一緒にドッジボールをしたり

 

家庭科室でカルメヤキをつくったり

 

夏祭りを開催して地域の人を招いたりしました。

 

 

 

 

(昨年の夏企画の様子:みんな真剣!)

 

 

 

夏祭りは僕夏のビッグイベントです。

 

 

屋台を出したり

やぐらをたててその周りで盆踊りを踊ったりします。

 

自然とみんなが笑顔になってしまうのが僕夏の活動の魅力です。

 

 

しかし私たちの活動は決して自分たちの力だけでは成り立ちません。

 

 

現地の子どもたちを笑顔にするために

 

そして子どもたちの笑顔で地域の方たち全員を元気付けるために

 

 

皆さんの力を貸してください。

 

皆さんのその温かい気持ちが赤前に活気を与えてくれます。

 

温かいご支援宜しくお願いいたします。

 

 

 

(昨年の夏企画の様子:はいっチーズっ!)

 

 

玉川大学3年 玉川支部 内田梓(うちだ・あずさ)

 

 

 昨年の夏企画の様子 (youtubeに飛びます)

 僕らの夏休みproject公式サイト

 僕らの夏休みproject Facebookファンページ (いいね!お願いします('ω')ノ☆)

 僕らの夏休みproject Twitterアカウント

 

 筑波大学支部Twitterアカウント

 日本大学支部Twitterアカウント

 国士舘大学支部Twitterアカウント

新着情報一覧へ