クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第3弾】僕らの夏休みProject~子どもたちに笑顔を~

勝畑大樹

勝畑大樹

【第3弾】僕らの夏休みProject~子どもたちに笑顔を~
支援総額
887,000

目標 700,000円

支援者
72人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年07月31日 21:59

それぞれの想いが形になるとき

 

こんばんは!
僕らの夏休みProject 実行委員会、関東学院大学支部3年、岡野司(おかの・つかさ)です。

 

ここ最近、せみのミーンミーンという声が聞こえるようになってきました。せみは夏の風物詩。
夏、と言えば!…僕らの夏休みProjectの夏企画ですね!
いよいよ夏企画まであと4日となりました。
メンバー一同気合いが入っています!

 

(昨年の「僕らの夏祭り」のようす)

 

 

先日、7月27日の日曜日、夏企画前最後の全体ミーティングを新宿NPO協働推進センターで行いました!


内容は
・夏企画のしおりの読みあわせ
・現地での生活の注意
・夏企画後の活動説明
・支部長の意気込み
などです。

 

(全体会議前の1コマ。写ってないところにもまだまだメンバーがいます!)

 

 

【しおりの読みあわせ】


夏企画全体の流れを確認しました。
私たちは普段から、どうすれば子どもたちを笑顔にできるか、どのようなことに注意を払えば子どもたちが楽しく安全に楽しめるか、ということを考えながら計画をしています。

これは、現地で活動する際にも常に気をつけていなくてはいけません。
メンバー一人ひとりがしっかりと心がけられるよう、細部まで確認を行いました。

 

 

【支部長の意気込み】

 

現在、僕らの夏休みProjectに参加している大学の支部は、11支部。
青山学院大学、関東学院大学、国士舘大学、駒澤大学、拓殖大学、筑波大学、東邦大学、東北大学、文教大学、明治学院大学、早稲田大学、その他たくさん大学の学生150名以上が活動しています。

各支部の企画も最終段階の詰めに入り、「子どもたちにとびっきりの夏休みをプレゼントする」というひとつの目標に向けて一丸となっています。

 

今回、そんな各支部をまとめる支部長による「夏企画への意気込みのスピーチ」がありました。
頑張るぞ!といった決意や、ここまで一緒に準備を重ねてきたメンバーへの感謝が伝わってきました。
これによってメンバー全員が子どもたちへの、そして僕夏にかける想いを再確認し、より気を引き締めることができたと思います。

 

(文教大学支部長のスピーチのようす)

 

 

 

ここからは、私個人の感じていることを少し書こうと思います。

 

 

僕夏では、6月の勉強会で大震災の津波の映像を見てワークショップを行いました。
震災当時は数多くの報道が飛び、人々の心の中には常に震災のことが刻まれていたことだと思います。
しかし、今となっては震災に関する報道はほとんど耳にしなくなりました。

 

「忘れられることが怖い。」

 

この言葉が私の心の中にずっとあります。
これは、私が昨年の8月に行った東日本大震災スタディーツアーで被災者の方から発せられた言葉です。

 

この言葉が意味すること。
震災を忘れてしまうと復興が進まず、さらに防災意識が薄れ、再びの震災で大きな被害が出ることになります。

再び同じことを繰りかえさないためにも、風化はさせてはならないのです。

 

 

私が僕夏で活動している理由は、もちろん子どもたちを笑顔にすることです。
しかし、一番惹かれた魅力は「10年以上、継続して活動する」というこの言葉でした。

 

「継続は力なり」という言葉があるように、1回だけの活動ではできないことがあります。
微力かもしれませんが、私たち大学生が東日本大震災を忘れないこと、伝えていくことで、風化を防ぐことに繋がります。
ボランティアを流行では終わらせません!

 

 

夏企画は
【それぞれの想いが形になるとき】です。
私たちがこうして活動できるのも、周りで支えてくださる皆様のお陰です。
本当にたくさんのご支援をありがとうございます。
皆様の想いを、この夏を心待ちにしている子どもたちに届けてきたいと思います。
あと4日、精一杯の準備をします!

 

 

(全体ミーティングの集合写真)

 


★いただいた支援金は、下記支出の一部に充てさせていただきます。
・子どもたちとの交流にかかる諸経費(昨年度支出:80万円)
 (レクリエーション保険、お絵かきや自由研究、レクリエーションにかかる材料費など)
・夏祭りの開催にかかる諸経費(昨年度支出:100万円)
 (トラックステージ、提灯、音響機材、テント、発電機など)
・運営費(昨年度支出:112万円)
 (会議費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、手数料など)
※僕夏では、学生個人にかかる活動費(宿泊費、食費等)は各自の参加費でまかなっています。

(僕らの夏休みProject 実行委員会 広報担当)

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー

支援者
18人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー
*子どもたちがつくる僕夏オリジナルエコバッグ
*僕夏オリジナル切手
*僕夏公式サイトにお名前を掲載(任意)

支援者
54人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー
*子どもたちがつくる僕夏オリジナルエコバッグ
*僕夏オリジナル切手
*僕夏オリジナルTシャツ1枚(全3種・ランダム)
*僕夏公式サイトにお名前を“大きく”掲載(任意)

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー
*子どもたちがつくる僕夏オリジナルエコバッグ
*僕夏オリジナル切手
*僕夏オリジナルTシャツ1枚(全3種・お好きな柄)
*子どもたちの笑顔がいっぱいの、僕夏オリジナルカレンダー
*岩手県宮古特産品セット
*僕夏公式サイトにお名前を“最も大きく”掲載(任意)

支援者
2人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする