プロジェクトをスタートさせて3日目。

たくさんの方がfacebook、ツイッター、LINE、メールなど、たくさんの方法、ありとあらゆる方法を使ってこのプロジェクトについての情報を広げて下さっています。

本当にありがとうございます。

関心を持って下さった方が、次の関心を持って下さる方に繋いでくださって、そしてまた次に。

「子ども」というその1点を共通のものとしてつながりが広がっています。

目標が達成できて、チャイルドビジョンのうた「ぼくの虹」がCD化できたときには、もっとたくさんの人とつながっているんだろうなあ・・・。そう思うだけで何だか勇気が湧いてきます。

子どもたちにとって、子どもの存在を大切だと思い、関心を寄せ続けるおとなの存在はとても重要です。それだけで安心できる。

逆を思い浮かべてみましょうか。子どもは取るに足らない、何もできない存在だと思い、どう感じているのか、何が見えているのかに、存在そのものに関心を寄せないおとなが子どもの周りに多かったら・・・。とても自分を大切な存在だと、子どもは思うことができません。

 

 

今、子どもに関心を寄せて下さる方たちがこのプロジェクトに関心を寄せ、子どもの力になりたいと思ってくださっている。そのことが何より子どもにとって重要なのだ!

と、プロジェクト3日目の朝、そんなことを考えています。

皆さん!つながっていきましょう。

つながりを広げていきましょう!

 

 

 

 

新着情報一覧へ