READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

サンタさんになろう!フィリピンとインドネシアの子供たちに本を!

外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 

外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 

サンタさんになろう!フィリピンとインドネシアの子供たちに本を!

支援総額

476,000

目標金額 400,000円

支援者
62人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2016年12月21日 22:19

なぜ私たちは図書支援をしたいのか?

 

皆さん、こんにちは!

 

昨日は、エンチャイルドの支援先現地(フィリピン)からの新着情報をお届けしました。

 

きょうは皆さんに少しだけ、「なぜ私たちは図書支援をしたいのか?」ということについて改めてお伝えしたいと思います。

 

プロジェクト紹介ページ https://readyfor.jp/projects/books_enchild

でも触れましたが、支援先の現地を視察してきて、私たちは「学校の図書室が狭い」「学校の図書室に本が少ない」ということを感じてきました。

 

図書室自体がない学校もありました。残念ながら、私たちが支援をしているフィリピンの公立の小学校の多くは、子供たちに学びたい意欲があっても、日本の感覚からみれば圧倒的に図書が不足していました。

 

公開中のプロジェクトの支援先の一つ、インドネシア・スラバヤ市の貧困地域の学校の図書事情も同様でした。

 

現地で古書を回収し寄贈する図書支援が行われている理由も、上記のような図書不足の事情とニーズがあるからなのです。

 

私たちは、海を隔て、国境の向こうにいる貧しい環境で暮らす子供たちのことを自分の家族、地球家族の一員と考えて支援を行っています。

 

「家族だから助けたい」。それが私たちの活動の出発点です。

 

今回の図書支援プロジェクトも、この大きな夢に向かって取り組む積み重ねの一つです。

 

もうすぐクリスマスがやってきます。

 

マガリャネス北小学校(フィリピン・ミンダナオ島)、マルセロ・H・デル・ピラー小学校(フィリピン・カロオカン市)とカルタジャヤ高校(インドネシア・スラバヤ市)の児童・生徒たちに対して、たくさんのクリスマスプレゼント(図書の寄贈)ができるよう、ぜひ、このプロジェクトにご支援くださり、一緒に世界の子供たちを元気にするサンタさんになっていただけたらうれしいです。

 

お知らせ:

■12月24日、Readyforのフェイスブックページでも同プロジェクトが紹介される予定です。

 

https://www.facebook.com/readyfor/

 

■同プロジェクトにおける1万円のリターン(オリジナル名刺)に、■現地の民芸品のリターンを追加する予定です。

 

図書支援プロジェクトでは読み聞かせも行います

 

子供たちは学ぶ意欲にあふれています

 

読み聞かせをするスタッフの質問に元気よく答える子供たち
一覧に戻る

リターン

3,000

【笑顔の贈り物】現地からの贈り物

■サンクスメール
■現地からの喜びの映像メッセージ
■プロジェクト報告書

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【プレゼントコース】オリジナル名刺入れ

3,000円のリターン内容に加えてオリジナルの名刺入れをお届けします。ご希望のカラー(イエロー/茶/ブルー)をお選びいただけます。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【プレゼントコース】現地の民芸品

3,000円のリターン内容に加えて現地の民芸品をお届けします。内容はお楽しみです。
※画像は参考となります。実際の送付品とは異なります。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年4月

30,000

【感謝の贈り物】お名前入りの感謝状

3,000円のリターン内容に加えてお名前入りの感謝状をお届けします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

プロジェクトの相談をする