この募金とは直接関係ありませんが、Bremenでは地域の子ども全体が少しでも心落ち着く時間を過ごせるようにと願っていろいろな活動しています。今年の正月からはじめましたが、小学生を対象にこども将棋大会を始めました。冬休みにどこにもいけない仮設にお住まいのお子さんも支援学級に通級しているお子さんも30人ほどが集まって将棋に集中する時間を過ごしてくれました。来年1月4日にも行います。今回は中学生の部も作りました。市内の小学校にもチラシを配布しました。

 冬休みには、子ども達のお世話をしてくださっていたボランティアの方々も故郷にお帰りになります。こんな時こそ地元の人間が子ども達のために一肌脱がなくてはと思っています。

 教育委員会をはじめ日本将棋連盟の石巻支部 宮城教育大学将棋部のOB会のメンバー 地元の業者さん 地元の新聞社 ラジオ局が応援してくださっています。

Aさんもそのほかのこども達も健やかに育ってほしいものです。

 

新着情報一覧へ