プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

 がんサバイバーとは

がん治療を終えた方だけでなく、がんと診断されたばかりの方や治療中、経過観察中の方など全ての「がん体験者」のことを指します。 がんと向き合いながら生きるという意味が含まれています。

 

がんサバイバー新しい自分に出逢える自分史上最高の写真をお届けします。

 

<残り13日!サードゴールを目指します!!>

 

嬉しすぎる事に、ネクストゴールも達成致しました!!

 

ひとえに皆様のご支援応援があっての達成です。不安から始まったクラウドファンディング。多くの心優しき、懐深い愛情に触れ、募った金額ではないプライスレスな価値を感じております。

 

残り13日…無謀にも私はサードゴールにチャレンジ致します!!映像写真加工のソフト使用料の一部の10万円をサードゴールに設定致します。ここまで来たら、関わってくださった皆様と一緒に200%達成のゴールテープをきります!!

 

残り13日、皆様の伴走を心の支えにひた走ります!

 

 

 

冷静に受け止められるはずだった「がん」

しかし現実は…


ページをご覧いただき、ありがとうございます。藤原英理花と申します。私は2012年、28歳の誕生日を迎える3日前に「乳がん」と診断されました。

 

胸にしこりを発見し、何となく覚悟をしていたので「がん」という診断結果は冷静に受け止める事ができました。しかし抗がん剤の副作用により、髪が抜けるという事実を知った時、私は泣き崩れてしまいました。

 

髪は女の命。女としての私の人生は終わった。素敵なパートナーを見つけて、結婚して、出産するという淡い夢が全て打ち砕かれた気持ちでした。

「髪は治療を終えればまた生えてくる。」という言葉を胸に抗がん剤治療を始めましたが、高額な医療費、病気や薬に関して飛び交う様々な情報、副作用による外見と体調の変化など様々なストレスが重なり、私は途中で治療を放棄してしまいました。

治療から逃げ、薬から離れると髪は戻り、このまま今までの生活を取り戻すんだ!と思っていた矢先に体調悪化。結果、各所に転移が発覚し手術も出来ない状態になっていました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

終わりの見えない治療、終わりが見え隠れする寿命。

 

13年間の東京住まいから実家である宮城県多賀城市に戻り、治療や入院、度重なる検査のために仕事はドクターストップ。まるで社会から隔離されてしまったような気持ちなりました。

 

そして再びの脱毛、副作用により顔がむくみ、そんな外見にコンプレックスを感じ、こんな姿では外に出たくない、人に見られたくないと家に半年間、引きこもる日が続きました。

32歳、無職。治療のための高額な医療費。いい年をして親孝行をするどころか、親の老後の資金を食い潰しているという負い目も感じながら過ごす毎日でした。

しかし、コンプレックスと同時にもう一つ私の中で大きくなっていくものがありました。それは、命あるうちに家族や友だちともっと思い出を作りたい、という想いです。


転移したがんの影響で呼吸もままならず、身体の痛みなどで、もう長くは歩けない、そう感じた時期もありました。終わりの見えない治療、終わりが見え隠れする寿命。あとどれだけ生きられるのかわからない。

 

でも、東京で待っているよと言って下さった方々に恩返しをしたい。親の老後の資金を一人娘である私が食い潰す訳にはいかない。何とかして稼がないと!と思い、今の自分に何ができるのかを考え始めました。
 

これが「今」を思いっきり生きることを決めた瞬間でした。

 


「今」と向き合い、生きた証を残すために

 

携帯の写真フォルダを見返した時に、ある期間だけ自分の写った写真が極端に減っています。

がんになり、自分にコンプレックスを抱いていた時期でした。楽しいことも沢山あったはず。でもその中に自分はいない。もったいなかったなと思いました。

 

「今」一番のコンプレックスであるハゲ頭。よく見るとちょっと面白い気もする。こんな姿今しかない、ある意味貴重な期間。よし、記念に残しておこう!

そんな想いを、同じように抱えている人がいるのではないかと考えました。また、芸能人のようなカッコいい写真を撮ってみたい、という自分の変身願望もあり、プロの手を借りて『自分史上最高の写真を撮る』という夢の実現に向けて動き出しました。

 

最高の形で「今」の姿を思い出に残すため、生きた証を残すために、がんサバイバー専門の写真撮影事業を開始致します!

 

<写真撮影の基本プラン(予定)>

・1時間の無料事前打ち合わせ
・120分撮影(70〜100カットデータ渡し)

ヘアメイク、スタイリスト付き:¥100,000(税別)


ヘアメイクやスタイリストの有無は、ご要望に対応します。

※スタジオ撮影や写真印刷、出張料などは別途頂戴いたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

明日への希望を感じられる写真を提供したい


現在、がんになるのは2人に1人とも言われる時代です。(出典元:全国健康保険協会)そしてがんサバイバーの数だけ、その家族、周囲の人たちも病気と向き合わなければなりません。身近になってきたとも思える「がん」ですが、様々な理由により罹患したことを隠して生活されている方も多いのが現状です。

楽しい事ばかりではない治療期間。治療を終えても将来に対する不安や、心の揺れを感じている方は少なくありません。

「ピンチはチャンス」私の好きな言葉です。ピンチだと思った時にどう捉え、乗り越えていくのか。

 

私はこの「写真」というツールを、ただの思い出で終わらせるのではなく「明日への生活の希望の糧」にして頂きたいと考えております。

 

「なりたい理想の自分とは?」

 

撮影依頼を受けた際に、こんな質問を投げかけたいと思っています。この問いの裏には「諦めてしまったことはないか?」という意味合いもあります。

 

「今」を切り取る写真ですが、そこには出逢ったことのない新しい自分

「理想が全て叶った自分」が写っているかもしれません。

被写体となる時、覚悟、挑戦、不安、幸福、希望、様々な想いが巡ると思います。

その方の「今」に寄り添い、そして写真を目にした全ての方々が、それぞれの日常へ希望を感じられる写真を提供することを目指します。​

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

<費用の内訳>

写真映像編集加工用PC(1台):300,000円

Readyfor手数料:55,080円


最新の新着情報