ビジネスホテルや旅館などで一度は見かけたり試したこと、ありませんか?

 

『Tパズル』のことです。

 

 

世界で最も有名なパズルの王様とも呼ばれるそうですが、原作者は不詳で100年以上昔から存在するとか。

 

たった4ピースで「T」をはじめ数十種類の形をつくるシルエットパズルなのですが、実際にやってみると、これが実に難しいのです。

 

 

 

今回、引換券として、仮設渡波第2団地の自治会長武山さんが、この『Tパズル』と立体型木製パズルを作ってくれました。

 

(こちらは立体型木製パズル)

 

 

(武山さん(中央)とパズルを覗き込むEV協議会メンバーの皆さん)

 

「Tぐらいはすぐにできるんでないの」と、皆さん、軽い気持ちで試してみるも。

 

あっけなく降参。

 

 

完成形はこちら。

 

(いびつな継ぎ目のピースの扱いがとてもやっかい なのです)

 

 

こんな感じで数十種類もの形がつくれます。

 

柔らか頭に自信のある人、頭を柔らかくしたい人、凝った頭をほぐしたい人に

おススメです。

 

ただし、柔らかくしようとして、かえって凝り固まってしまわないようご注意ください。

 

 

単純なのに難しく、数学的、幾何学的に考案されたとすれば実に奥が深い。

 

そして、答の形を自由にしたならば、答は無数にあることになります。

 

ぜひ、想像しながら、創造してみてください。

 

眠れない夜には。

 

  スタッフ 阿部

 

 

 

 

新着情報一覧へ