こんにちは。

特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金の鈴木泰輔(すずきたいすけ)です。

 

皆様からのご支援やご協力に感謝申し上げます。

 

本基金と横浜国立大学は交流協定を締結しており、私たちは横浜国立大学が実施しているショートビジットプログラム(以下、SV):パラグアイ・ボリビアに6期生として参加します。SVはこれまでに5回行われてきました。

ちなみに鈴木は今年3回目ですJJJ)。

 

パラグアイ渡航では、横浜国立大学の学術交流協定大学などを行う活動の他に国際協力の実践活動も行っております。国際協力の実践にはフィールドが必要です。そのため、JICAのプロジェクトサイトや本基金の活動サイトで私たちも実践活動を行っております。

 

本年度も皆様方からの温かなご支援のおかげで、貧困地区や農村部での活動をさらに深めていくことができます。感謝しております。

 

今年は、4月から行ってきたクラウド・ファンディング、学内での準備、ゼミでの研究発表など多面的な準備を行ってきました。そして!いよいよ、9/5に私たちは出発し、約1ヶ月に渡ってパラグアイ各地で大学のプログラムとJICA便宜供与のサイトでの活動、さらに本基金のサイトでの活動を行います。

 

本当に盛りだくさんです。1年以上かけて日本とパラグアイメンバーで準備してきた計画を現地の皆様方と協力して、精一杯やりとげたいと思います。

 

さらにまた今年はボリビアにも渡航することになりました。横浜国立大学が現地の大学と学術交流協定を締結することと、本基金がボリビアにも活動エリアを拡大することが決定したからです。私たちは学術交流協定大学との交流や日系ボリビア人のみなさまとともに現地の文化を学ばせて頂いたり、ボリビア医師と共同で国際協力の実践を行う予定です。そしてこれらの複数の経験や実践の場から学びを深めたいと思っております。

 

 

出発に当たり渡航メンバーでビデオメッセージを作成したのでどうかご覧ください。

 

*3名はすでに出発しております!

 

皆様ご支援に改めて感謝申し上げます。

 

これからもどうぞ応援よろしくお願いします!

 

 

鈴木泰輔

新着情報一覧へ