今回私は企業と障害者の事業所(福祉)を繫ぎたいと思い活動を始めました。

 

松山市とその周辺にあるB型事業所を40か所以上訪問し、彼らの働く姿に心を動かされました。(現在もA型事業所も含め訪問しています。)

 

(細かな作業をやり続ける姿に感動)

 

彼らの平均工賃を知り、何とかしたいと思いました。

 

そこで最初に考えたのが、企業やデザイナーの方とコラボして消費者に「よい物」として認められるものをつくることができないかということでした。

 

そこからどんどん展開し、始まったのがエイブルクッキーデリバリーであり、今回のクッキーBOXの製作です。

(コラボ第1号)

 

ところが最近自分がかなり福祉側に偏りすぎているということにふと気がつきました。

 

いつの間にか情に流されて、事業所で作られたものを何でも受け入れようと…。

 

これではいけない!!

 

当初の目的はコラボすることにより、障害者(事業所)のレベルを上げてもらい、事業所側により良い製品づくりの意識を持ってもらうこと。

 

もちろん企業サイドにも福祉について理解を促すこともあります。

 

何でもかんでも安請け合いするようなコーディネーターになってはいけない!

 

「売り手よし、買い手よし、世間よし」とするためには、もっと自分をぶれないようにしなければいけない。

 

 

といいつつ、「今日早速こんなのどう?」みんなにきいて回る私がいました…。

 

意思が弱い…。

 

再度チャレンジです!

 

新着情報一覧へ