昨年10月に、フィリピンの事務所を訪れました。母親たちは、海外への出稼ぎなどに行かなくて済むよう、国内で仕事を得るため、職業訓練を受けています。また、その後同じような仲間があつまり、小さな会社を立ち上げて、自分たちの給料を払えるまでになりました。もちろん裕福な暮らしはできません。四畳半程度のスペースに、2~3人で暮らすのはあたりまえですが、持ち前の明るい性格のお国柄、楽しそうでした。子どもたちを学校へ通わせるためのお金も稼がなくてはなりません。目的は女性が自立できる社会を作ること。彼女たちの生き様はまさにその証明です。今回来日するのは、その子どもたちのみです。あくまでも子どもたちの小さな夢を叶えてあげられたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ