READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

海の生物ガイドブックで”海の町”真鶴の魅力を知ってもらいたい

特定非営利活動法人ディスカバーブルー 水井涼太

特定非営利活動法人ディスカバーブルー 水井涼太

海の生物ガイドブックで”海の町”真鶴の魅力を知ってもらいたい

支援総額

357,000

目標金額 355,000円

支援者
22人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2015年06月30日 18:38

ガイドブックに載せる生物を探して in 三ツ石海岸

ご支援いただいたみなさま

 

この度は、「海の生物ガイドブックで"海の町 真鶴"の魅力を知ってもらいたい」プロジェクトを応援・ご支援いただきありがとうございます。

みなさまのご支援のおかげで、只今、ガイドブックの改定に取り組くむことができています。完成したものをみなさまへお届けするまで、プロジェクトの進捗や真鶴の海の様子をお伝えしていこうと思いますので、お楽しみいただければと思います。

 

まずは、ガイドブックどの生物を掲載するかを選定するところからはじまりました。

・・・これがまず、大変な悩みどころです。なにしろ、海にはたくさんの生物がいてどれも魅力的です。どの生物もみなさんにご紹介したい!というのが本音なのですが、それではいくらページあっても足りません(笑)。今回のガイドブックは、気軽に手に取ってもらえて、海辺に出かけるときに持ち歩きしていただきたいと思っています。ですからなるべく、さまざまなグループの代表的な生物をご紹介したいと、スタッフみんなで懸命に考えています。

 

生物種が決定すると、次は写真の撮影です。

真鶴町内の海岸で生物を探して撮影しています。

先日は三ツ石海岸。梅雨のこの時期、お天気はどんより曇り空で今にも雨が降り出しそう。背後に広がる黒い雲が重々しい雰囲気で、いつものイベントでの楽しい雰囲気とは別の場所のようです。

ですが、いろいろ生物が見つかり始めるとそんなこともすっかり忘れて、スタッフも夢中になってしまいました。

(早朝曇り空の三ツ石。)

 

ガイドブックに載せる生物は、完成まで楽しみにとっておいていただくことにして、進捗報告では、三ツ石ではちょっとレアキャラでガイドブックには載らないかも・・という生物もご紹介させていただこうと思います。

今回は、アマクサウミウシ。

体長は15cmほどもあってウミウシの中では大型の種です。全体は薄い肌色がかっていて、背中にはボコボコとコブのようなものがいくつもでて、先端が濃茶になっています。ウミウシの特徴の一つ、背中のお花のようなのは鰓(えら)で、写真では右に写っていますが、薄茶色のつぼみのようでかわいいですね。

 

それでは、今後もプロジェクトの様子をお伝えしていきますので、引き続きよろしくお願いします。

一覧に戻る

リターン

3,000

1. サンクスレター
2. 海の生物観察ガイド

個数制限なし

支援者
8人
在庫数
制限なし

10,000

1. サンクスレター
2. 海の生物観察ガイド
3. イベント招待券(期間中に開催する対象のイベント『海のミュージアム』5回以上を予定。日程等については引換券に同封)大人1名様)

支援者
7人
在庫数
41

30,000

1. サンクスレター
2. 海の生物観察ガイド
3. イベント招待券(期間中に開催する対象のイベント『海のミュージアム』5回以上を予定。日程等については引換券に同封)大人1名様)
4. Discover Blueオリジナルポロシャツ

支援者
8人
在庫数
12

プロジェクトの相談をする