プロジェクト概要

子どもたちが感じる身近な自然「学校・園でのビオトープづくり」

全国に広がるこの活動を発表するコンクールを開催します!

 

はじめまして!自然と共存した可能なまちづくりの実現に向けて活動を行っています、公益財団法人 日本生態系協会の佐山と申します。その普及活動のひとつとして、学校ビオトープや園庭ビオトープに力を入れています。

 

来年、2016年1月末に都内の会場にて、第9回目となる「全国学校・園庭ビオトープコンクール2015 発表と交流会」が開催されます。学校・園庭ビオトープを通じて熱心に環境教育・ESD・幼児教育や保育をすすめる方々が集い、情報交流を行う機会を提供します。

 

今回はより一層の情報交流を促すために、ポスター発表のパネルを増設したりと、今まで以上に費用がかかります。こうした会場費の一部の資金を集めるために、皆様にご協力をお願いしたいと思います。

 

 

 

きれいな水、食べもの、医薬品、エネルギー。

持続可能な私たちの暮らしを支えているものは"健全な生態系"。

 

公益財団法人 日本生態系協会は、自然と共存する自然豊かな国やまちを目指して活動するシンクタンクです。野生の生きものや自然の状態、自然の守り方やつなぎ方について調査・研究をはじめ、ナショナル・トラスト活動や資格試験の運営、議会へ法律の制定や改正の提案、企業へ生物多様性に関する提案、市民団体へ活動のアドバイスなど、国内外のさまざまな団体と協力しながら活動をしています。

 

 

 

全国的にふれあいの機会が減っている中で

学校・園庭ビオトープは、子どもたちの身近にある大切な自然

 

なかでも学校ビオトープ・園庭ビオトープとは、学校や園の敷地の中に、周辺の昔の自然を再現した施設です。学校では理科や生活科、総合学習の時間だけでなくさまざまな教科において活用することができ、持続可能な社会づくりに向けた教育にとっては欠かせないものとなっています。主に小学校でつくられることが多いですが、全国各地の中学・高校・大学にもあります。また、最近は幼稚園や保育所でも園庭にビオトープをづくる取り組みが広がって います。感性が育つ子どもの頃に自然と触れ合うこと、その重要性を理解された関係者や保護者から注目されています!

 

 

 

自然・環境に関心が高いのは

身近に生きものを感じているからこそ。

 

実は私は魚釣りが好きで、そこがきっかけとなって自然について興味を持つようになりました。学校を卒業したのち、学校で教える仕事についていましたが、さらに多くの人に自然の大切さを伝えるために現在の仕事をしています。私たち人間も自然の一部であり、今まで生きてきたのも、これから生きていくことも自然無しではありえません。

 

 

 

子どもの頃から自然に親しみ、考え、感じること。

将来をつくっていく未来世代にとって良い社会を

 

今回のプロジェクトは、多くの人に学校ビオトープや園庭ビオトープの素晴らしさを知ってもらいたいと思い考えました。今回で第9回目を迎えることができたのですが、毎回の発表会では子どもたちのいきいきとした活動報告を聞き、「きっと、この子どもたちは立派な大人になるだろうな。」と感じています。それだけ、各取組は素晴らしいものです。私たち現代世代の利益だけを追求するのではなく、いまの子どもたちや、さらにそのまた先の世代のために、将来にわたって持続することのできる社会づくりへと舵を切り、そのための取り組みを積極的に進め始めています。

 

 

 

学校・園庭ビオトープは地域づくりの拠点に

実践を通じて子どもたちの『人間力』を育む場になります。

 

ビオトープ活動に取り組むのは主に、先生や保育者ですが、PTAや学校や園のある市域の方々も参加されていま す。むしろ、学校以外の方々が参加することで、これまで希薄になりがちだった 学校と地域の連携が強まっています。学校・園庭ビオトープを中心に、子どもたちのため、生きもののためにと、地域がひとつにまとまり、子どもたちも活動を通じて地域のことを知り、愛着を持ってくれるようになりました。

 

 

 

各賞のお披露目とビオトープ活動に取り組む方々の交流を目的にした

『発表と交流大会』を開催します。

 

現在、子どもたちが普段の生活の中で自然に触れ合うことができるよう、学校・園でのビオトープづくりが全国でひろがっています。コンクール当日は、子どもたち、保護者・地域の方々が参加し、実践モデル校・園のお披露目と、ビオトープ活動に取り組む方々の交流・情報交換の場としていければと思っています。コンクールで受賞した人たちはもちろんのこと、会場に集まった学校・園庭ビオトープに関心のある方々が交流する機会は、この日しかありません。ステージ発表やポスター発表など様々なプログラムを予定しています。そのための費用を集めたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

①開催報告書の贈呈

コンクールの上位入賞事例の紹介を含めた、

学校・園庭ビオトープづくりに役立つ冊子を1部贈呈いたします。

 

 

②学校ビオトープの書籍贈呈

当協会が書いた「学校ビオトープ 考え方 つくり方 使い方」

(講談社刊、定価3200円)を1冊贈呈します。

旧版ではありますが、学校や園に限らず、

ビオトープづくりに役立つ1冊です。

 

 

 

③個人会員無料登録と会報誌

当協会の個人会員に1年間無料登録させていただきます。

年間6冊の会報誌をお届けします。

ちなみに、通常の年会費は5000円です。