【ガイドヘルパーから始めようキャンペーン】の趣旨に賛同し、障害者とガイドヘルパーの写真を撮り続けてくださる柴田さん。



主にラテンアメリカの写真を撮り、現在も紛争が50年も続いたコロンビアの先住民族の写真を撮りに行っています。



日本にいるときは、ご自身も撮影の合間にガイドヘルパーのバイトをしてくれています。  楽しいし、好きな時間に出来る仕事だし、何よりも新しい世界が見れたそうです。



 



昨年は  コロンビアの先住民族の長を日本に招き、先住民族の生きる知恵を語る「スピーキングツアー」で日本を縦断。大学をはじめ様々な場所で沢山の動員をしました。



スピーキングツアーの様子はこちら↓↓↓









 



 



みなさんの購入のリターンにも  柴田さんが撮影してくださる権利が入っています(^O^)/



<作者プロフィール>

柴田大輔(フォトジャーナリスト)

1980年 茨城県生まれ

2006年よりコロンビアを中心に、ペルー、エクアドル、メキシコ、ニカラグア等 、ラテンアメリカの先住民族、民衆の社会運動、日常を取材する。

現在、フリーランスで活動中



http://www.shibatadaisuke.com/



 



 



 



 



 



 



 



 


新着情報一覧へ