クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-

田村民子

田村民子

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-
支援総額
716,000

目標 700,000円

支援者
67人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2012年11月19日 12:12

房ストラップ「枠付け」

みなさん、こんにちは。「伝統芸能の道具ラボ」の田村民子です。

東京は一気に寒くなりました。

 

さきほど、房のストラップを制作していただいている職人の江口裕之さんから制作過程の写真が送られてきました。

 

江口さんには、先週の活動報告会にもゲスト出演していただきましたが、その際に「染め上がった糸を、枠付けをする必要があるのですが、今はその道具が空くのを待っている状態です」とおっしゃっていました。いろんな工程があり、道具があるのですねー。

 

今回のレポートでは、その枠付けの作業の写真が送られてきました。

 

★ 江口さんの制作レポート ★

 

枠付け

(朱色の房を注文された方、必見! こんな色あいに染まったようですよー 田村)

 

枠付けした材料から製作を開始しました。房の本数寸法に糸をまとめます。
写真の一束が8房分です。

 

より

(糸に撚りをかける「八丁(はっちょう)」という道具)

 

その後、「八丁」という道具を使って根元部分の紐を撚ります。撚った糸をイヤホンジャックのプラグに通したり(スマホ用)、根付風の輪にまとめ、房と合わせます。今後の制作の様子も、追って写真を送ります。

(おしまい)

★★★

 

今は、いろいろ制作物が混み合っていて、お忙しいそうです。そのような中、必死で房ストラップも作ってくださっています。

 

できあがりは、12月初旬ごろでしょうかね。ゆっくり、楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*お礼のハガキを送付&本プロジェクトの活動報告書(PDFデータ)をメールで配信。
活動報告書にお名前を記載(希望者のみ)。      

支援者
12人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

*上記1点に加え、オリジナル「組紐職人が手作りしたストラップ」をプレゼント。

支援者
44人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

*上記2点に加え、活動報告会&ブレスト大会(2012 年 11 月 11 日(日)、東京・
自由が丘にて実施予定)にご招待。

支援者
16人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

*上記3点に加え、兵児帯(へこおび 男女兼用 絹 絞り染め)をプレゼント。

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする