READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-

田村民子

田村民子

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-
支援総額
716,000

目標 700,000円

支援者
67人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2013年08月22日 22:31

歌舞伎の櫛、復元できました!

みなさん、こんばんは。

伝統芸能の道具ラボの田村民子です。昨年の8月10日から年9月29日までの50日間、READYFOR?にて応援を募り、なんとか目標金額にまで到達させていただき、それから「歌舞伎の櫛」の復元をめざして、動いてまいりました。全く、復元の見通しが立っていなかったので、「みなさんとのお約束を守れるだろうか・・」と不安な日々が続きましたが、おかげさまで昨日、鯖江市に最後の打合せに行き、「歌舞伎の櫛」の復元が完成したといえるところまできました。これも、みなさんの応援のおかげです。ありがとうございました!

 

以下の写真は、復元した櫛、かんざしの一部です。

昨日の鯖江市訪問の様子については、記事にまとめましたので、ご覧いただけるとうれしいです。

http://www.dogulab.com/activity/k-2/13.html

 

昨日(8月22日)は、産経新聞の朝刊「きょうの人」欄で、櫛の復元についての記事も掲載していただきました。ご覧になれなかった方は、以下で全文、読むことができます。クラウドファンディングの応援についても、記事に盛り込んでいただいています。

http://www.dogulab.com/Publications/sankeisinbun201308

 

今後も新聞掲載の予定があります。いつ掲載になるかは、新聞の場合は直前にならないとわかりませんので、またわかり次第、お知らせしたいと思います。

 

(復元した櫛とかんざしについて、床山の親方さんと打合せをしてきました。親方さんも、みなさんにくれぐれもお礼を申し上げてくださいとのことでした!)

 

櫛の復元プロジェクトは、これで終了となりますが、まだまだ復元しなくてはならない「伝統芸能の道具」は、たくさんあります。最近、小道具系からも情報が入ってきていますが、かなり深刻なものもあり、早く取りかかりたいと思っています。また、今、勧めている能の道具のほうも(2年くらいやってます)、もう少し早いスピードで復元を進めたいところです。

 

これからも、「伝統芸能の道具ラボ」では、道具のチカラで舞台を輝かせるために、調査や復元活動を行っていきます。これからも引き続き、応援していきたい、という方がいらっしゃいましたら、ぜひこれからも、よろしくお願いいたします!

 

ご支援のお願い

http://www.dogulab.com/support

 

伝統芸能の道具ラボ 田村民子

一覧に戻る

リターン

3,000

*お礼のハガキを送付&本プロジェクトの活動報告書(PDFデータ)をメールで配信。
活動報告書にお名前を記載(希望者のみ)。      

支援者
12人
在庫数
制限なし

5,000

*上記1点に加え、オリジナル「組紐職人が手作りしたストラップ」をプレゼント。

支援者
44人
在庫数
制限なし

10,000

*上記2点に加え、活動報告会&ブレスト大会(2012 年 11 月 11 日(日)、東京・
自由が丘にて実施予定)にご招待。

支援者
16人
在庫数
制限なし

50,000

*上記3点に加え、兵児帯(へこおび 男女兼用 絹 絞り染め)をプレゼント。

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする