ビデオ第5弾です。

 

若い方々に、是非このメッセージを伝えたいと思います。

 

 

 

 I want to re-challenge to send a message to young adults:

never give up, keep challenging until you are successful,

even if you fail that’s fine, but stand up and keep challenging

until you will be successful.

I lost my sight, I was down,

but I stood up and I started challenging.

5 years ago in 2013, I tried a big challenge,

tried to sail across the Pacific from Japan to San Diego,

and we had a collision with a whale. 

I was down, I was very sad, I was depressed.

But now I have a dream supporter, Doug,

so I can do are-challenge of sailing across the Pacific.

I’m very happy and life is great!

Try to keep challenging. Just being alive is being wonderful,

after my experience of almost losing my life.

Life is great, as long as you are alive you can re-challenge.

Keep challenging, never give up,

this is the message I want to send to young adults.

Every moment has a meaning, that keeps me moving forward.

 

(意訳)

この再チャレンジを通して、若い人たちにメッセージを伝えたい。

 

諦めないで。成功するまで、チャレンジし続ければいい。

 

もし失敗しても、大丈夫。再び起き上がって、成功するまで

 

チャレンジを繰り返してほしい。

 

わたしも目が見えなくなった時は打ちひしがれましたが、

 

それでも起き上がった。そして挑戦しはじめました。

 

5年前の2013年、私は太平洋横断をするという大きな挑戦をして、

 

クジラにぶつかり達成できませんでした。

 

とても悲しく、とても落ち込み、鬱状態になりました。

 

しかし今、ダグというドリーム・サポーターと出会い、

 

こうして来年太平洋横断に再びチャレンジしようとしています。

 

とてもしあわせで、素晴らしい日々です。

 

挑戦することを諦めないで。

 

生きているということだけで十分、素晴らしいのです。

 

命を失いかけた経験をしてから、それが分かります。

 

生きていれば、何度でもチャレンジできる。それはとても素晴らしいことなんです。

 

トライし続けて。諦めないで。

 

このことを若い方々に伝えたいと思います。

 

どの瞬間にも意味があります。

 

そのことがこうして私を前進させてくれています。

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ