プロジェクト終了報告

2018年07月18日

プロジェクト終了!コンサートの全様

皆さま こんにちは!

親子で楽しむコンサート実行委員会の中川徹哉です。

7月14日(土)に無事「みんなで楽しむフランスの音楽」を開催することができました。

 

ご支援いただいた皆さま、本当に心から感謝いたします。

ご協力、ありがとうございました。

 

では、当日の様子をご紹介させてください。

 

開演前の舞台

 

展示したフランス雑貨や、絵本(展示協力 ぼわっと、松の木ギャラリー)

 

受付の様子(ポスター協力 JALパック、横浜美術館)

 

始まりの曲 「月の光」

 

パリに関する説明

 

キリンとエッフェル塔の背比べ

 

背比べが終わると、ドビュッシーの象のこもり歌を演奏!

 

象のこもり歌が終了後は音楽探検の旅へと出ます!

 

最初にやってきたのはメロディーの惑星

メロディーとは曲の登場人物、先ほどの象のこもり歌の頭の部分はお母さん象が出てきたけど今度弾く曲は綺麗な髪の女の子の曲

 

 

 

そんなこんなで(中略)、メロディー、リズム、ハーモニーの惑星を巡り最後にやってきたのは「ドビュッシーの音楽の惑星」

彼の音楽は今までの作曲家達とちがって、想像の世界を描くために色々な工夫をしました。

例えば普通のハ長調じゃなく、5音音階を使ったり、ハーモニーもルールに決まったやり方ではなく、自由につけました。

 

演奏は:アラベスク

 

これで第1部は終わり、休憩中のクイズ+フランス式ジャンケンタイム

(ジャンケンに勝つとなんと協賛品のお菓子が貰える。)

 

協賛品は「星の形のモナカ 15個」(南阿佐ヶ谷和菓子栄太楼)

フランスパン1本(フランスパン専門店 SONKA)

後は私がジージョ・ベーカリーで買ったマドレーヌ15個

(少し誤解があったようで、私が買うことになりました。)

 

ジャンケン動画協力(フランス語会話学校 エコール・サンパ)

 

協力店舗の皆様、本当に感謝いたします!

 

第2部は本格的なピアノコンサート

 

最初に演奏したのは、ドビュッシーのエチュード第1番

 

 

次の演奏はドビュッシーの喜びの島

 

 

最後は連弾 ドビュッシーの小組曲

 

 

 

【今回の感想】

皆さまの温かいご支援で無事開催することができ、本当にありがとうございます。

色々な方が助けてくださったおかげで、ここまでこれたと思います。

 

では自分なりに良かった点と反省点を今後のために記しておきます。

 

【良かった点】

8割ほどやりたいことができました!

またご来場いただいた方から、良かった、楽しかった、またやって欲しいというコメントも頂くことができました。

そしてなんといっても沢山の子どもの笑顔を見れて私は満足です。

 

【反省点】

①会場が広すぎた。

一生懸命チラシをまきましたが、半分も会場を埋めることができず無念の一言に尽きます。

②もっと沢山宣伝をすべきだった。

今回全体で、私が自転車でチラシを15000枚(5月分を含む)区内の幼稚園、小学校、中学校に届けました。

その他の広告として、Readyforで1300人、ブログで300人、Facebook広告で1000人、と私なりに頑張りましたが、まだまだ宣伝をすべきだったと後悔をしています。

 

次回に向けてより効率よく、沢山の方に宣伝しなければならないということがわかりました。

 

③台本を書くのは難しい

今回一番苦労したことは、第1部の台本を書くことです。3週間頭を抱えましたが、満足いくできではありません。

 

次回に向けてやるべきこと

 

①仲間集め

②さらなる宣伝

③着実な計画

=================================================

収支報告

皆さまのご支援は、会場費、制作費、製作費、広告費に使わせていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/enjoy-music/announcements/78271

==================================================

 

今後の予定

私は来年の3月~4月にかけて、日本のあっちこっちで

COOL JAPAN CONCERT【日本の作曲家×桜×日本の文化】

をテーマとしたコンサートを行う予定です。

 

以下が事業計画書です。

 

コンサートの主旨:かっこいい日本の音楽と文化を伝える。

 

日本の音楽というと皆さまは何を思い浮かべるでしょうか?

 

赤とんぼ(山田耕作)、花(滝廉太郎)でしょうか?

それとも

ゴジラ(伊福部昭)、椎名林檎やスマップでしょうか?

またクラシックに詳しい方なら

武満徹や矢代昭雄をあげるのではないでしょうか?

 

私がやりたいコンサートは日本の古き良き作曲家から現在活躍している作曲家までの曲を一堂に集めたコンサートです。そこにはクラシックもJPOPもアニソンの区別もありません。

 

なぜなら、音楽は音楽だからです。

私は音楽のジャンルに良いも悪いもなく、上も下もないと思っています。

あるのは各作曲家の発想と工夫です。

 

だからこそ日本という括りで色々な音楽を集めたら楽しいのではないかと考えました。

 

以下は私が考えたプログラムの例です。(練りこみます)

 

開幕:ゴジラ(ピアノ 2台版)

矢代秋雄 ピアノ・ソナタ

Beautiful World(宇多田ヒカル ピアノ版)

 

休憩

 

春の海 (ピアノ)

幻想曲さくらさくら

日本の四季 (中田喜直 連弾)

人生は夢だらけ (椎名林檎 ピアノ版)

 

今は全てピアノで考えましたが、楽器で手伝ってくれる方がいましたら、プログラムをさらに面白くできます。(例えば バイオリンだと、真田丸のメインテーマ、歌なら森山直太朗の桜、サックスなら天頂の恋)

 

今回の映像部分は、桜と日本の綺麗な所を合わせ、さらに忍者を組み合わせるかもしれません。

 

また会場全体、和と桜の雰囲気を出すために工夫します。

 

【会場や具体的な日程について】

日程について

桜が満開の頃にコンサートを行います。

 

確実に行う所

3月下旬 東京(杉並、浅草)

 

計画中の所

2月中旬 静岡  河津

3月上旬

3月中旬 

4月上旬 京都

4月中旬 福島  会津若松市

5月上旬 北海道 函館

 

ホールも良いと考えていますが、神社の境内やお寺も日本らしくて良いのではないかと考えています。(近日中に選定します。)

 

【どんな工夫をするの?】

日本ならではの文化体験も絡ませたい。

(和菓子作り、ちぎり絵、折り紙)

 

【予算はどのぐらい?】

当初漠然と300万円あれば、できるのではないかと考えていましたが、

今回のことを経験し、出来るだけ安く抑えるべきではないだろうかと考えるようになりました。

 

やはり難しいのは 広告費にどのぐらい割くか でしょうか?

 

【目的は?】

①子ども達に日本の素晴らしい作曲家と文化を伝えたい。

②外国人に日本の音楽と文化はかっこいいと伝えたい。

③東北を応援したい。

 

とりあげるかもしれない作曲家一覧

 

三善 晃  (杉並区出身、谷川俊太郎らとともに沢山の合唱曲を作曲)

湯山昭   (杉並区在住、お菓子の世界は大人気)

鷺巣 詩郎 (エヴァンゲリオン・ブリーチの音楽を作曲)

服部 隆之 (真田丸、半沢直樹、ファイナルファンタジー)

菅野 ようこ(花は咲く、カウボーイビバップ、マクロスF)

増田俊郎  (ナルトの音楽を担当)

伊福部昭  (ゴジラ、ピアノ組曲)

矢代 秋雄   (ピアノ協奏曲、ピアノソナタは傑作中の傑作)

武満 徹    (音に対する意識を新たな段階に進ませた、ノヴェンバーステップ)

久石譲   (ジブリ音楽)

坂本龍一  (戦場のメリークリスマス)

三枝成彰  (Zガンダム、宮本武蔵)

吉松隆     (平清盛)

滝廉太郎  (花、荒城の月)

山田耕作    (赤とんぼ、からたちの花)

平井 康三郎  (幻想曲さくらさくら)

宮城 道雄   (春の海)

中田喜直  (ちいさい秋みつけた、めだかの学校)

宍戸睦郎

木下牧子

槇原敬之

椎名林檎

宇多田ヒカル

中田ヤスタカ

 

【日本の音楽の特徴】

もちろんそれぞれの作曲家で書き方、スタイル、作曲ジャンルが異なりますが、

日本人の作曲家達の曲を聴いていくと必ず聴こえてくるのがわび・さび

 

間の使い方のうまさ に よって表現する わび・さび

 

そしてなんといっても四季、風景を表現する楽曲の多さだと思います。

そしてゴジラやエヴァゲリオンのような戦う楽曲では、必ずといっていいほど低音で不協和音を決まったリズムでならします。

 

さらに日本特有の下に向かうリズム感(西洋の場合はリズムは上に弾みます。)

 

以上私がやりたい来年3月からの計画です。

引き続きの更新情報はブログで発信いたします。

https://ameblo.jp/suginami-lamerpiano/

 

では今回の報告もここまでにしたいと思います。

リターンについて少しずつですが準備しています。もう少しお待ちください。

 

では、ご支援やご協力、本当にありがとうございます。

また何かあった時はよろしくお願いいたします。

(そんなに遠くない未来かもしれませんが・・・・)

 

次に向かって頑張ります。

 

中川徹哉