室内で最も面積の大きい「壁」は、館内の雰囲気に大きく影響を与えます。床や什器を作っても、なかなか雰囲気が出ませんでした。そこで、30年物の壁紙を綺麗にはがし、壁を磨き、その上で新たなクロスを張っていきます。この日は4人がかりで作業しました。

 

 

4人中3人がDIY経験のない女性です。はじめは不慣れな手つきでしたが、慣れると次第にキレイに壁紙を貼れるようになるものです。この日は、展示室から見える一部の壁を完成させました。
 

 

畳をはがし、壁を壊している時は、どうなることかと内心ビクビクしていましたが、内装が整い始めると、ようやく部屋らしくなってきました。床や什器に合わせ、木目調の壁紙で落ち着いた雰囲気に仕上がっています。写真に写っている本棚は、プロジェクトに共感してくださった方が、転居の際に不要になったという本棚を譲ってくださいました。2×4材などを使って自作されたという思い出の本棚です。部屋の雰囲気や用途に応じてリメイクすることも、快く承諾していただきました。大切に利用させていただきます。

 

このプロジェクトは、理念に共感してくださった多くの皆さんによって支えられています。縁がつながり、全員の力を結集して科学館が形になろうとしています。


そんな活気あふれる場の見学や、作業への参加は適宜受け付けています。あなたもこのコミュニティの一員になりませんか?見学や作業への参加をご希望される方は、下記までお気軽にご連絡ください。


連絡先:ksel.sci@gmail.com


皆さまのご来館をお待ちしております。

新着情報一覧へ