みなさま応援ありがとうございます♡!!
不安にになっては、みなさんからのコメントを見返し、うんうん大丈夫。きっと伝わる・・・!
と言い聞かせています(*^_^*)

 

今日は「FukushimaPieceプロジェクト」はじまりのおはなし♡
耳をすまして聴いてください^^



県内にはたくさんの素敵な伝統工芸品があります。

なぜ、今回会津木綿を選んだのか・・・それは「かわいいから♡」。

そして、会津木綿にはたくさんの色があるからです。

 

会津木綿には400年の歴史があるそうです。

400年間、人々の暮らしの中で、日常着や野良着などとして親しまれ、保温性と吸収性、通気性に優れているので一年を通して着用されてきたそうです。
土地ごとのきまった柄があって、この縞模様は〇〇町、この色は○○町というように、身に着けている色、柄によってどこに住んでいる人なのかがわかったそうです!(スゴイ!)

 


最近では、現代の暮らしに合うように明るい色や変わった模様の会津木綿がたくさんあります。実は、ちょっと地味だなーと感じていた会津木綿。
よく見てみると女子が好きそうなかわいい色もたくさんあるのです☆!


 

 

今の福島には、本当にたくさんの想いが錯綜しています。
浜通り・中通り・会津地方・津波の被害を受けた地域・警戒区域にされてしまった地域・警戒区域になっていないけれど放射線量が高い地域・放射線量は高くないけれど風評被害を受けている地域など、住んでいる場所や、年齢、職業、家族構成など、さまざまな立場の違いによって、さまざまな想いがあります。

 

 

そして残念ながら、たくさんの不条理な事の中で、それぞれの想いを否定しあってしまうという現状もあります。
否定する必要などないのに、傷つけ、傷つき、疲れ果ててしまった。
そんな日がたくさんたくさんありました。

 

だからこそ、どの想いも大事にしたい。

 

いろんな色があっていいじゃない♡
いろんな柄があっていいじゃない♡
いろんな想いがあっていいじゃない♡

 

わたしたちの中で今の福島にあるさまざまな想いと、カラフルな会津木綿が重なりました。

 

会津木綿をわたしたちなりにかわいくしてみよう♡!
全国の女の子が「きゅん♡」とするものを作っちゃおう♡!

 

「わ!かわいい♡」と手に取って、それをきっかけに福島に想いを馳せてもらえたら。
それをきっかけに自分の周りにいる誰かを想うことができたら。
それってなんかいいよねっ♡

 

 

「FukushimaPieceプジェクト」はじまりのおはなし。

 


次回は、どうしてピアスなのか・・・♡
どうぞ耳をすまして聴いてください。
そして、一緒に聴いてくれる仲間が一人でも増えますように!

 

どうぞよろしくお願いします^^

新着情報一覧へ