このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

「ちいさな音楽家サポーター」プログラム マンスリー(毎月寄付)会員

「ちいさな音楽家サポーター」プログラム マンスリー(毎月寄付)会員
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

78
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

    https://readyfor.jp/projects/fesjmonthly?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note
2024年04月27日 11:30

「第9回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬」リポート!

いつもエル・システマジャパンの活動を応援くださっている皆様、ありがとうございます。

 

いよいよGWも近づいてきました。皆様はどんなご予定ですか?長い休暇を楽しまれる方、中には、お仕事の方もいらっしゃいますよね。エル・システマジャパンの各拠点でも、練習のあるなしは日によって違うのですが、週末教室はお休みのところも多そうです。子どもたちも普段できない経験をして、また音楽に向かってくれたらなぁと思っています。

 

さて、今回は、3月23,24日に行われました「第9回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬」について、相馬拠点担当官のリポートでご報告いたします。

 

____________________________________

 

≪相馬 音楽祭1日目:吹奏楽ステージ、コーラスステージレポート≫


3/23,24に開催された「第9回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬」は、2日間でこれまでで最多ののべ1000人近くのお客様にご来場いただき、無事終演いたしました。

 


音楽祭1日目は、この音楽祭では5年ぶりの結成となった相馬市内3つの中学校の吹奏楽部の合同バンドの演奏からスタート。米津玄師「カイト」など3曲を、計70名の合同演奏ならではの豊かな音色と華やかなサウンドで披露してくれました。曲の合間に、各校部長さんから今年の各校の活動の様子も聞かせてもらいました。

 

 

後半は子どもコーラスのステージ。まずは「子どもの歌大全集」と題して児童合唱の名曲を取り上げ、子どもたちが元気に前進しながら歌い出す終曲《いま生きる子どもマーチ》で締めくくられました。歌声を通して、未来を担う子どもたちの頼もしい姿が感じられました。


続いては「子どもの夢と祈り」と題して≪オリバー!≫などのミュージカルやディズニーの名曲を集めたメインステージ。子どもたちは、英語と日本語の歌詞を歌いながら全員がソロも担当し、振付や小道具を使った演出も加え、それぞれの曲の特徴や面白さをよくつかんで見事に歌い演じていました。


アンコールのメリーポピンズより〈スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス〉では、早口言葉のような歌詞とダンスに客席から手拍子がわき起こり、会場が一体となって盛り上がりました。

 

2日目、弦楽ステージは、ヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ第9番」、タンゴ音楽で名高いピアソラの「フーガと神秘」から。難曲を弾きこなす子どもたちの姿は、音楽に真摯に向き合ってきたひたむきさを感じさせました。

 

 

続いて弦メンバー全員で、アメリカの作曲家ライデンの「弦楽オーケストラのためのセレナーデ」を、団員のめいなさん(小6)の指揮で演奏しました。
直前インタビューで「楽しく指揮をしたいです!」と語ってくれた通り、心から音楽を楽しみ、溌剌と、そしてのびのびとした指揮ぶりに、演奏会中盤にも関わらずカーテンコールが鳴りやみませんでした。


後半は、小3~高3までの管弦メンバー全員で、ビゼーの<カルメン>組曲を演奏。勇壮な「闘牛士」から、繊細な管のソロが光る「間奏曲」、お祭り騒ぎの「ダンス・ボエーム」まで全10曲を生き生きと鮮やかな音楽で表現しました。
アンコールもお祭り、踊りをテーマに〈ルイス・アロンソの結婚式〉より「間奏曲」、そして子どもコーラスも加えた「相馬盆唄」と会場全体でこの音楽祭のフィナーレを存分に楽しみました。

 

 

今回会場でお預かりした募金は、エル・システマジャパンと相馬市を通じての能登半島地震支援金とで折半させていただき、能登半島支援には¥103,005を寄付することができました。この場を借りてご報告させていただくとともに、皆様の温かいご支援に改めて感謝申し上げます。


両日ともに相馬の子どもたちが力の限りを発揮し、大盛況となった第9回音楽祭。

サポートして下さる地域の皆様、関係者の皆様、そして全国で応援して下さる皆様に心から感謝いたします。

 

__________________________________________________________________________________________

 

 

コンサートに先立ち、2024年3月8日にTBS「news23」で3月11日に相馬子どもオーケストラ&コーラスを取り上げていただきました。

 

震災から13年、日本で最初のエル・システマの活動が相馬で始まって12年。その過程で、参加する子どもたちが、オーケストラやコーラスの活動を通して、どのように成長し、将来を見通しているのか、を2人のメンバーへの密着取材にて描いてくださいました。

下記からTBSのサイトからご覧いただけますので、ぜひ。

https://youtu.be/CiBj3ku-Sy4?si=huu_OQDEWTWma1wS

 

これからも子どもたち、地域の皆さんに寄り添いながら、活動を進めていきたいと思います。

どうぞこれからもサポートをよろしくお願いいたします。

 
相馬子どもオーケストラ&コーラスの活動の様子は、HPでもご覧いただけます。

普段の練習の様子が、様々なイベントでの演奏の様子もどうぞご覧ください!!

 

エル・システマジャパンHP「相馬子どもオーケストラ&コーラス」ページはこちら

 

エル・システマジャパンの各拠点での活動の様子は、

公式Facebook公式Instagramでほぼ毎日更新している他、HPでもご覧いただくことができます

記事をシェアして応援する

    https://readyfor.jp/projects/fesjmonthly/announcements/321752?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る