こんにちは。3年の井上誠也と申します。

この度はこのページへのアクセスありがとうございます。

 

FreeDには自主公演などのイベントの他に新歓ライブというイベントもございます。これは名の通り新入生を新歓するために行うものですが、私はこの新歓ライブを運営するにあたっての責任者を務めていました。今回はその新歓ライブについてお話しさせていただきます。

 

新歓ライブは新入生にFreeDの魅力を伝える最大のチャンスですので、そのチャンスを最大限に活かせるようたくさんのこだわりを持って臨みました。

ダンスではもちろんダンスナンバーとダンスナンバー間に挟むMCにもたくさんの工夫を凝らします。いかに新歓ライブを最後まで飽きずに見てもらい、FreeDについてを伝えられるかを意識しました。

また、新歓ライブは毎年東京大学駒場キャンパス内の施設で行いますが、その施設に踊れる土台を作り、観客席を用意し、業者さんの協力のもと照明を設置したりと、時には力仕事も行い、いかにお客様がステージに集中していただけるかを考え、会場を設営しました。

またそれ以外にも、ダンスナンバーの種類や順番、ダンスナンバー間の暗転の秒数、会場アナウンスと多くの注意を払いました。

 

その甲斐あって、この新歓ライブを含めた多くの新歓活動のおかげで、今年もたくさんの新入生がFreeDに入部してくれました。新入生が入部することは、自主公演の成功にはもちろん、今後のFreeDがさらに成長を遂げていくなかでは欠かせないことです。

 

私はこの新たな仲間たちと踊れることがとても嬉しく、また彼らが今後のFreeDにおいて、私たちが先輩から受け継いで来た大切なものを受け継いでくれ、また自分なりに楽しく充実したものにしてくれると信じて、今彼らと共に踊っています。

 

今回のクラウドファンディングのご支援がとてもFreeDを運営していく中で励みとなっております。さらなる応援よろしくお願いします。

 

貴重なお時間を割き、最後までご高覧頂きましてありがとうございました。

 

FreeD16期 井上誠也

 

新着情報一覧へ